植物

  1. 球根の極み

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s NikonF3誰かが昨年秋…

  2. 命を紡ぐ大輪寺の菫

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3この菫の存在は子…

  3. ヤッホーと微笑むスミレと落ちた男

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF34月上旬、日曜日…

  4. やさしく・やわらかく

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f2.8s NikonF3カタクリの老い花の…

  5. カタクリ終い花

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3今日13日…

  6. 椿の朽ち花が教えてくれたもの

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3陽が翳り始めた頃…

  7. 獣道脇にポツンと一輪

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3(3月28日/村上市…

  8. 清楚な佇まい・猩猩袴

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3雨が降りそうでそ…

  9. 会社帰りに見た光景

    GRⅢ会社からの帰りは走ってきた道をまず振り向かない。心の中は1秒でも早く会社の影響が及ぶ圏内か…

  10. 枯れ葉に萌黄色・フキノトウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3今まで、つまり今…

  11. 宇宙線・春が降り注ぐ

    RICOH・GRⅢ(50㎜ crop)知らなかったなぁ~。一面が落ち葉だらけの駐車場の片隅で…

  12. 小さな巨人・キクザキチゲ

    Kodak T-MAX400 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3…

  13. 春が来た・バンザ~イ!

    RICOH・GRⅢそんなに太陽の陽が欲しいんか?葉っぱ まだ伸びきってないのに 何故にそこまで…

  14. 蒼く凍みる

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f2.8s NikonF3光が乏しく、しかも…

  15. 霜の棘・simo no toge

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3氷点下6度前後ま…

  16. 色を忘れた紅葉

    灌木の裾からキジでもなくヤマドリでもない、そんな類いの野鳥がヒョッコリ姿を見せると首を持ち上げ周…

  17. raindrops

    オニユリ。ヤマユリの咲く時期はとっくに過ぎたが、替わって咲きだしたこの花はまだ健在。萎れかか…

  18. 葉っぱの壁

    この植物の名前は判りませんが、葉っぱの模様がここを訪れる度に変化しているみたいで(たぶん色濃…

  19. 釣れたのは鯛ではなく亀だった・・

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3タイツリソウ(…

  20. チャリ通途中の桐の花

    RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF3(f4、1/125sec…

  21. 残念な日常・トキワイカリソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3このイカリソウ、花の形…

  22. 萼裏白瓔珞(ガクウラジロヨウラク)

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(f4開放、1/60sec…

  23. 小さなスターマイン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 新発田市小さいけど大…

  24. アケビの花

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3アケビと言えば秋…

  25. カキドオシ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3今年はこの花をよ…

  26. 撮って盗られた大岩鏡

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3残念で仕方ありま…

  27. アヤメに重ねる笑顔

    母にアヤメの花開いた姿を見せてあげたかったが、駄目だった。風があるし、雨も降ったし、…

  28. 太陽のような“ホニャララ”

    実家の庭で咲いていた“ホニャララ”。私はど派手な原色が好きになれず見向きもしなかった…

  29. 笹藪の中 ひっそりと咲いたユキノシタ

    「紛れもなくユキノシタ。笹藪のその下で辛うじて息をしていた・・・」見つけた最初の年に撮影日誌…

  30. 立浪草かも・いまだ半信半疑

    花の形が泡立って寄せる波に似ているそうで、それで「立浪草」(タツナミソウ)と呼ぶ・・調べてみると…

  31. 辛うじてこの1枚・大岩鏡

    現像に出したままのフィルムを受け取りに行ってきた。大型連休中に撮影した8本のフィルムの残り1…

  32. 力強い春

    4月下旬、「柔らかな春を探そう」・・なんてちょっとムズムズしそうなテーマをひっさげて野山を歩…

  33. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中に入ってきたんだなぁ~」…

  34. 胎内市・金峯神社のシラネアオイ

    天女の羽衣・シラネアオイ

    先月20日の撮影です(大大大連休中で現像できなかった)。胎内市の金峰神社(きんぶ・・…

  35. 静心なく 花の散るらむ

    かれこれ数十年も見続けている藪椿か。いや、「見続けている」と言うと大袈裟になりますね。何気に…

  36. この蕾は一体どこに

    写真は7日、記事は今日14日この桜の蕾がどうなったか・・・1週間経って確かめに行った…

  37. 朽ちて 尚も匂い立つ 椿かな

    ソメイヨシノの蕾の状態を確かめに鳥屋野潟公園に出向くも掃き寄せられた落ち葉の上、崩れ落ちた椿の朽…

  38. 綿雲から立ち上がった土筆に「お通し」を連想する

    3月24日、未明に雪が降った。雪は積もるも午前中には跡形もなく消えてしまった。名残雪…

  39. オーレンはオウレンで黄連だった

    オーレンと検索しても、どうりで「春の草花」にヒットしないわけだ。「この花だけなんでオーレンと…

  40. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄関脇で、埃を被り蜘蛛の巣…

  41. 今になって『タラの芽』の写真

    昨夜、タラの芽を食べている夢を見た。故郷の胎内市の飲み屋で同級生の仲間と二人してカウ…

  42. この時期、紫と言えば カキツバタ?

    この時期、野山へ出掛けると、身の丈目線で『緑と紫』の取り合わせが絶妙です。「この時期…

  43. 名も知らぬ草

    『身近な自然』をライフワークにして、気の向くままパシャパシャやっているつもりでいるが、最近は車で…

  44. 蕾の中のチビバッタ

    膨らみかけた蕾の中にチビバッタを見つけた。フキバッタ・・と呼ぶらしい。慎重な足運びで…

  45. ツツジ? それともサツキ?・・それが問題・・でもない

    よくツツジは春、それも花が先に咲いて、葉はその後から、サツキは文字通り5月頃から咲きだして、しか…

  46. アケビの花

    昔懐かしい花に出会った(旧中条町、大輪寺の境内にもあった)。アケビだ。何度も足繁く通った…

  47. “観音”すみれ

    タチツボ?・・判断に迷う時は昔から、撮影した場所の地名を頭に付けて呼んでいる。写真は胎内市の…

  48. 姫猩猩

    葉を広げた直径で約100㎜、花の大きさは10㎜あるかないかだろう。昨年花を付けた姿を見かけ、…

  49. いっぱい光を浴びなさい

    今のうちに沢山の光を浴びなさい。太陽が照っているうちに思いっきり葉を伸ばしなさい。そのう…

  50. 春の色/一番

    昔から、私の春一番は土筆でなくフキノトウに決まっている。コイツを見つけて摘まんでモミモミしたその…

  51. 侘び色の実

    NHK/BSで放送された『失われた色を求めて~植物染め・伝統100色を今の世に~』の録画を繰り返…

  52. ミツガシワ

    阿賀町・たきがしら湿原5月21日に撮影している。この時点ではちょうどいい咲具合だった。あれか…

  53. はじける いのち

    撮影の実際モデルさんは一体誰なんだろう?どこかで見かけたような立ち姿。もしや、お前さんはコシ…

  54. タマゴな水芭蕉

    撮影の実際汚れがない。清楚でドキッ。若さにクラッ。アンタみたいな心になりたい。5月の…

  55. 落ち葉布団

    みなさんは“アンガーマネジメント”という言葉をご存じだろうか。自分の怒りや感情を知り…

  56. めおと蕗

    本日25日、子どもの拳大のふきのとうが気になって、撮影場所の新発田市・滝沢へ出掛けてみたら、…

  57. 山茶花・枯れ姿

    12日早朝、近くの公園で山茶花の枯れ姿を撮影してみました。カメラを持つと、無意識のうちに新鮮…

  58. まんず、咲く

     昨日のことだが、午後からマンサクの花を撮りに出掛けました。咲いてます。咲いてます。ちょうど…

  59. 福寿草・パラボナアンテナ

    体調が回復してきたのか、傍らでビールをあおる女房が気になりだした。ゴク、ゴクと喉を震…

  60. 狐色の実

    振り向く人も、まして、足を止めて覗き込む人もなく、氷雨に濡れる狐色の小さな実・・その名はヘク…

  61. 紅一葉

    今年は紅葉をあまり撮らなかった。なんとなく苦手なせいもある。見た目の綺麗さに思わず感…

  62. ともしび

    暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。舞い落ちた葉が闇夜を照らす赤いロウソ…

  63. トウモロコシとジャガイモの花

    今は少し落ち着いたが、この前まで夕飯時、トウモロコシがよくでた。これでもか!というぐらい…

  64. 雨に光るホトケノザ

    新潟市・鳥屋野潟公園本日4日は目の定期検診日。極度の近視と乱視だが、右目がち…

  65. からまる

    朝露の瑞々しさよりもツルの力強さに魅せられた感じがします。「なにがなんでも生きてやる」「…

  66. 釣り糸かムチか、あのビロ~ンは一体・・

    浦島太郎の釣り竿から伸びた釣り糸か、それともムチとみるか。名前の由来からして“釣り糸…

  67. 土筆と朝露

    2016年4月16日(土)撮影 福島潟二王子岳や五頭連峰の端がジュワ~ッと沸騰して太陽がボン…

  68. 春花火

    2016年4月3日撮影 新発田市・滝沢民家が向かい合う狭い路地を進むとそこは林の中。墓石…

  69. 人知れず咲く花の名は?

    2016年4月上旬撮影 関川村鷹巣杉木立、朽ち枯れた枝が一面に敷き詰められ、足が引っ掛かって…

  70. ロウバイとカマキリの卵

    2015年12月20日(日)撮影一月近く早く咲いたロウバイの花を撮影しようと近づき、レン…

  71. 赤いもみじ

    2015年11月1日(日)撮影園内でもひときわ色鮮やかなモミジの紅葉かな。見…

  72. 101

    2015年10月31日(土)撮影何時になく薄暗い日曜早朝。雨がしとしと降っています。じっ…

  73. 秋色ナナカマドの実

    2015年10月4日(日)撮影今年はナナカマドの実がやたら綺麗に見える。意識して…

  74. 秋 サンシュユの実-2

    2015年9月23日(祝)撮影前回掲載した写真が午後のもので、これは朝に撮影したもの。ボツに…

  75. ガガブタ

    過去写真ちょうど8月のこの時期と記憶している。新潟県聖籠町に位置する池の畔で撮影したもの…

  76. 半夏生(はんげしょう)

    2015年7月5日(日)撮影。”半夏生”・・美しい名前です。暦の半分を過ぎた…

  77. ピンクのヘビ

    2015年7月5日(土)撮影かめ吉田んぼ脇の湿地にネジバナが咲きだした。昨年とほぼ同…

  78. 睡蓮

    2015年5月31日(日)撮影夜明け前まで雨が降り続いていました。撮影に出掛ける気になれ…

  79. ”グローリー・モーニング”

    2015年5月26日(火)撮影「バ~ラが咲いた♪ バ~ラが咲いた♪・・・」と歌いたく…

  80. キクザキイチゲ紫花

    関川村鷹巣キャンプ場です。ここに来ると気持ちがワクワクする。母のふるさとだからかな。それとも起伏…

  81. 桜色の雪割草

    新潟県庁敷地内の一角に「県庁の森」と呼ばれる林がある。人口の雑木林なんだが様々な落葉…

  82. アカバナマンサク

    アカバナマンサク前回、「ピロピロとマンサクの花」を掲載したが、すぐ近くに独立して1本だけアカ…

  83. ピロピロとマンサクの花

    午前中は台所で食器洗い、そして部屋の片付け、風呂の掃除。ここまでやると”鬼の奥様”は…

  84. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の撮影。昨年来から…

  85. 雪をかぶったサンシュユの実

    午後に鳥屋野潟公園と隣接したスポーツ公園長潟側に行く。大きな雪雲は通り過ぎましたが、…

  86. 冬の落ち葉

    吹雪いた翌朝、鳥屋野公園に出掛けました。積雪で30センチ近くあります。まだ誰も歩いた形…

  87. 人知れず野ブドウの実

    鳥屋野公園では岸辺の茂みの中に多く見かけますが、興味の無い方はまず気づかないでしょう。夏はヨ…

  88. 初々しい 新芽

    午後になり陽が射し始める。入院中の女房は順調で「焼きプリン買ってきて」と。ホントに、手術…

  89. かわいらしい すももの花

    女房の入院準備前でドタバタ。気分転換に公園へ散歩に行く。ゆっくりもしていられ…

  90. 鷹巣のカタクリの花

    関川村鷹巣キャンプ場。今季2回目の訪問。午後の2時過ぎです。本日は晴れて気温も高め。…

  91. 藪の中 マユミの実

    2013年12月1日正式にはスポーツ公園、長潟の森地区。公園柵ぎりぎりの藪の中でマユミの…

  92. 春待つカタクリ

    2012年4月15日関川村、鷹巣キャンプ場。今年は積雪が異常に多く、日陰部分ではまだかな…

PAGE TOP