1. ベニスズメじゃないベニスズメ

  2. 七月の朝がもうじき?

  3. ワルナスビ

  4. 鷺の舞

  5. 朱色に染まる鳥屋野潟

  6. 雨雲がすだれて朱に染まる

  7. ムラサキツユクサの花弁でお休み中・ヤマトシジミ

  8. 縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

  9. 慈雨・濡れアザミ

  10. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

  11. 蓮・音色を重ねる

  12. 幻の赤い雲

  13. 花びらのゆりかご

  14. 着ている服までオレンジ色・鳥屋野潟

  15. 八丁目のトンボ

  16. 雨雲の下層面ってこんな凸凹?

  17. 変なのは映っていない/キイトトンボ

  18. たかが鳥屋野潟 されど鳥屋野潟

  19. トラップ

  20. 緑に紅一点・ベニシジミ

  21. チョウトンボ

  22. 霧に隠れる鳥屋野潟

  23. ヒメジャノメ

  24. ウツボ草

  25. モノクロフィルム

  26. 清めてくれた鳥屋野潟

  27. 鳥屋野潟・梅雨日の出

  28. アヤメに重ねる笑顔

  29. ぼ~と雲を眺めてみれば・鳥屋野潟

  30. 太陽のような“ホニャララ”

  31. 笹藪の中 ひっそりと咲いたユキノシタ

  32. 誕生だね オオヤマトンボ

  33. 立浪草かも・いまだ半信半疑

  34. 眩しい鳥屋野潟

  35. カメムシは本当に嫌われ者?

  36. 赤の刻

  37. ハルジオンにヤブキリ?

  38. 残念な日常・仰け反るゴミ箱

  39. ギシギシに普通にぶら下がった紋白蝶の普通でないとき

  40. 夜明け色・鳥屋野潟

  41. 辛うじてこの1枚・大岩鏡

  42. ミツバツツジは振り向いてくれない

  43. 力強い春

  44. 光と戯れるサンカヨウの花

  45. 天女の羽衣・シラネアオイ

  46. 令和の時代・初日の出

  47. 藪の中・ツクバネウツギ

  48. 大輪寺・“路傍すみれ”

  49. 萌える若葉とツツジに包まれる春

  50. 静心なく 花の散るらむ

  51. トワイライト ゾーン

  52. 桜の花

  53. 鳥坂山・薄紅色のイワウチワ

  54. この蕾は一体どこに

  55. 水面色づく鳥屋野潟の夜明け

  56. 朽ちて 尚も匂い立つ 椿かな

  57. 黄色い水仙と青空

  58. 鳥屋野潟の目覚め

  59. 見逃してしまいそうな春・カタクリ

  60. 水面に弾ける春花火

  61. 綿雲から立ち上がった土筆に「お通し」を連想する

  62. 現実と虚像は薄皮1枚

  63. シュワッチな天井

  64. オーレンはオウレンで黄連だった

  65. 健気に咲く小花にホロリとなる

  66. 春先の気候の変化は心の変調?

  67. 婆ちゃんが畑仕事する傍らでフランスを垣間見ていた僕

  68. 久々の2連休はこんな朝から始まった

  69. 落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

  70. 梅の蕾

  71. 日の出前・福島潟

  72. 合格祈願

  73. 足元の春・福島潟

  74. 迷宮入りはゴメンだ

  75. 青い空に波打つタワー

  76. 記憶の中の初恋ベンチ

  77. 春が来た!でもタイヤ交換はまだ・・

  78. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

  79. 一人の時間 川の流れ

  80. 白鳥は内股で歩く

  81. 股下から水上バスが現れた

  82. 雪の川

  83. 萬代橋・イエローバンド

  84. 試行錯誤、出口は見えるのか? 夜景撮影

  85. 萬代橋

  86. 冬野

  87. 病み上がりに眺めた萬代橋は冷たい

  88. 年間で80万㎥・・永久に続く浚渫作業

  89. 新潟市内で眺めた雪の花

  90. 全滅

  91. 憂鬱な朝焼け

  92. 夜の萬代橋

  93. 神社猫

  94. 野良

  95. ダイハツじゃない

  96. 昔の炊事場

  97. 休業日

  98. 沼垂テラス

  99. 三叉路

  100. ゴジラ顔

さらに記事を表示する
PAGE TOP