写真歴について

【写真歴】
中学時代(体操の塚原選手がムーンサルトを決めまくっていた頃)、オリンパスOM-1と50㍉標準レンズを手に入れるが絞りと被写界深度の関係なんて分かる訳もなく、そのうち自然と興味を無くしていったような。

東京で社会人生活をスタートさせた頃に、ある人の「職場に休日になるとカメラ携えて神社、仏閣を撮っている人がいる」の言葉に、「ああ・・それ・・いいなぁ」と。

あの言葉には目が覚めたなぁ~・・以来、現在までずっと変わりません。

【受賞歴】
過去一度だけ県展に応募し入選。あと内輪のグループ展に作品を出品したのが1回のみ。もう20年以上も前のことです。今はコンテスト等から遠ざかってしまいました。

【ブログ掲載写真について】
写真は全てフィルムの四隅の黒い縁をカットしたもののトリミングは無し。ファインダーで覗いたままの構図となります。

ニコンクールスキャン ED Vを使用しています。2016年の秋頃に一度、メーカーに点検/調整に出しています。オーバーホール期間が過ぎていたので保証は付きませんが、今のところ問題なく作動中。

【撮影機材】

カメラ:NikonF5が2台。これを偏らないように交互に使い回しています。両方オーバーホール済み(今年2018年に1台は2回目のOHをした)。

NikonF3・・2018年2月に194万台で程度の良いものを中古で購入した。その後、マウント部分、ガンカプラー、底板の交換とオーバーホールを4月に受けたばかり(若い頃はF3オンリーだった)。

フィルム:FUJIFILM RVP100(以前はRVP100Fを使用するも製造中止となる)

レンズ:AI-Nikkor35 f/2sAI Micro-Nikkor55 f/2.8s、AI Micro-Nikkor105 f/2.8s、AI Micro-Nikkor105 f/4s、AI-Nikkor50 f/1.2s、Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED、AI-Nikkor 24 f/2.8s

新品での購入はカメラ、レンズ問わず50㎜1.2sだけ。

三脚:ハスキー三段、ジッツオの小型三脚(自由雲台を付けて接写に使用)

その他:レフ板(車のサンシェードを代用)、スピードライト(SB-23)、水準器(HCL)、レリーズ(MC-30A)

変わり処:テッシュ・ペーパー(野グソ用に重宝)

RETURN TOP

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2019.10.10

    ぺたんこ蛙
  2. ReversalFilm NikonF3 

    2019.10.05

    夜明けの炎雲
  3. 2019.10.26

    秋色 枯草色