誕生だね オオヤマトンボ

彼は私という人間に見つかって、さぞ胡散臭かっただろう。

「これから殻を破って空に舞い上がる時に人間かよっ!」・・尊厳を帯びた時間帯に確かに彼の愚痴を聞いてしまいました。

だから僕はそばに陣取っていながらも、「アンタは眼中にないね!」風な仕草で可能な限り迷惑を掛けないようにしていたんだ。

なのに・・ちょっとした隙に背中を破って出ていたんだね。

時間にして午前7時30分。

これって、どうなのよ?

外敵が活動する時間なのに、何で今頃?

(この場所では昨年もやはり同じ時間帯)

*池から上がってきたばかりだったのか、彼の躰は濡れていた。枝のテッペンに脚をかけた時もまだ濡れていて、しばらくその状態が続く。

陽の光が十分に満ちてきたところで一気に動き出した感じがする。躰を仰け反らしだした時には殻は乾きはじめていた。

・・・この日も娘の用事でこの写真を最後に家に帰る。約3時間後に気になって戻ってみたが、居るわけないもんね。大空へ舞い上がったと思いたい。

展開予想

彼は仰け反った躰をグイッと持ち上げ(腹筋するみたいに)ようとした。

その手足で殻の辺りを掴んで、尻尾や翅を下へ伸ばし躰の隅々まで“血流”を満たしていったに違いない。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3   阿賀野市 2日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

立浪草かも・いまだ半信半疑

笹藪の中 ひっそりと咲いたユキノシタ

関連記事

  1. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  2. トラップ

    トラップに捕まったチョウトンボ。岸辺脇の藪道、僕の進む足元か…

  3. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  4. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

  5. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

  6. 赤い滴・サルトリイバラ

    サルトリイバラの赤い実。11月上旬、新発田市・五十公野(いじみの)の林の中…

  7. 冬 ツグミ

    ナナカマドの実が赤いのは白く雪化粧した景色の中、野鳥に気づいてもらうため…

  8. 冬枯れにヒヨドリ

    葉がすっかり散り落ちて、見るからに寒そうなハゼの木にヒヨドリがやってきた。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • くわたろう
    • 2019年 6月 06日

    こんばんは。背景がすっきりして、しっかりとピントが合っていて素晴らしいです。
    無事に羽化できたか気になっていましたが、これを見てうれしくなりました。

    •  7時10分頃になって動き出して、30分頃がこんな感じでした。
      仰け反った躰を持ち上げようと頑張ってましたが、時間が来てしまい断腸の思いで撤収。
       レンズの絞り8半。シャッタースピードは1/60秒かな。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。