誕生だね オオヤマトンボ

彼は私という人間に見つかって、さぞ胡散臭かっただろう。

「これから殻を破って空に舞い上がる時に人間かよっ!」・・尊厳を帯びた時間帯に確かに彼の愚痴を聞いてしまいました。

だから僕はそばに陣取っていながらも、「アンタは眼中にないね!」風な仕草で可能な限り迷惑を掛けないようにしていたんだ。

なのに・・ちょっとした隙に背中を破って出ていたんだね。

時間にして午前7時30分。

これって、どうなのよ?

外敵が活動する時間なのに、何で今頃?

(この場所では昨年もやはり同じ時間帯)

*池から上がってきたばかりだったのか、彼の躰は濡れていた。枝のテッペンに脚をかけた時もまだ濡れていて、しばらくその状態が続く。

陽の光が十分に満ちてきたところで一気に動き出した感じがする。躰を仰け反らしだした時には殻は乾きはじめていた。

・・・この日も娘の用事でこの写真を最後に家に帰る。約3時間後に気になって戻ってみたが、居るわけないもんね。大空へ舞い上がったと思いたい。

展開予想

彼は仰け反った躰をグイッと持ち上げ(腹筋するみたいに)ようとした。

その手足で殻の辺りを掴んで、尻尾や翅を下へ伸ばし躰の隅々まで“血流”を満たしていったに違いない。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3   阿賀野市 2日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

立浪草かも・いまだ半信半疑

笹藪の中 ひっそりと咲いたユキノシタ

関連記事

  1. ムカシヤンマとウメノキゴケ

    桜の幹にとまったムカシヤンマ。樹皮に付いた緑色した海藻みたいなものは地衣類…

  2. 子供の声と蕗の薹

     滝沢の水芭蕉群生地に向かって砂利道を歩いていて子供の声。立ち止まって耳を澄…

  3. 夏の入道雲

     瓢湖の裏側から新発田市方面に広がる田園地帯での一コマ。8月に入り稲穂が出そ…

  4. 開花後のカタクリ

    2012年4月24日 角田山、五箇峠登山口駐車場6時着。既に5割程度の車あ…

  5. ナガハシスミレ

    花を愛でていると心が豊かになっていく。心が洗われる。歳を重ねるにつれ、寄り…

  6. アケビの花

    昔懐かしい花に出会った(旧中条町、大輪寺の境内にもあった)。アケビだ。何…

  7. 朝露トンボ

    サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。一応、調べて…

  8. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • くわたろう
    • 2019年 6月 06日

    こんばんは。背景がすっきりして、しっかりとピントが合っていて素晴らしいです。
    無事に羽化できたか気になっていましたが、これを見てうれしくなりました。

    •  7時10分頃になって動き出して、30分頃がこんな感じでした。
      仰け反った躰を持ち上げようと頑張ってましたが、時間が来てしまい断腸の思いで撤収。
       レンズの絞り8半。シャッタースピードは1/60秒かな。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。