夏草の中

セスジイトトンボでしょうか、空中ですれ違いざま、雄が雌を捕まえる瞬間に出くわしました。一部終始を見たのはこれが最初かな。

夏草を脚で掻き分け進むその足音に驚いて四方八方へ飛び散るイトトンボ達。

すこし立ち止まって彼らを観察しようと、しゃがみかけた矢先でしたね。

すれ違いざまですから、お互い進行方向は真逆なわけで、反動はかなり大きい。

(ぶつかった瞬間)クルッと回転しましたから。

そして繋がったまま近くの葉っぱに不時着した図がご覧の写真です。

ん?・・となって近づいて見てみると尾尻でしっかりメスの首を挟み込んでいます。

早業ですね。空中でのほんの一瞬なのに・・。

これから交尾へともっていくのでしょうか。

こんな時メスはどうなんでしょう。不意を食らって為す術もないのでしょうか。

と、言うのも盛んに頭をクリクリさせるのですね。

「やめてくれ~」と言わんばかりの嫌々ポーズに見えてくるんだな。

その反面、雄は雌を押さえこんだまま、おとなしくなるのを待っているかのよう。

レンズ

AI Micro-Nikkor105 f/4s・・30年前のレンズ。これを開放で使用してます。このレンズの独特のとろみが出せたかな・・そう思ってます。シャッタースピードは1/60。

RVP100 三脚使用 NikonF5  福島潟 7月30日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ん?終わり?・・な・朝焼け

カブトムシ屍

関連記事

  1. 朝陽差す

    日の出前、急激に気温が下がり、湖面には湯気。その湯気の向こう…

  2. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

  3. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  4. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  5. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  6. 黄金色の朝

    写真の実際写真は4月15日午前6時頃福島潟、遊潟広場側から撮影している。…

  7. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  8. 1時間と5分

    レンズはマニュアル、露出値もマニュアル、記憶媒体はフィルム、トリミングもしな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。