夏草の中

セスジイトトンボでしょうか、空中ですれ違いざま、雄が雌を捕まえる瞬間に出くわしました。一部終始を見たのはこれが最初かな。

夏草を脚で掻き分け進むその足音に驚いて四方八方へ飛び散るイトトンボ達。

すこし立ち止まって彼らを観察しようと、しゃがみかけた矢先でしたね。

すれ違いざまですから、お互い進行方向は真逆なわけで、反動はかなり大きい。

(ぶつかった瞬間)クルッと回転しましたから。

そして繋がったまま近くの葉っぱに不時着した図がご覧の写真です。

ん?・・となって近づいて見てみると尾尻でしっかりメスの首を挟み込んでいます。

早業ですね。空中でのほんの一瞬なのに・・。

これから交尾へともっていくのでしょうか。

こんな時メスはどうなんでしょう。不意を食らって為す術もないのでしょうか。

と、言うのも盛んに頭をクリクリさせるのですね。

「やめてくれ~」と言わんばかりの嫌々ポーズに見えてくるんだな。

その反面、雄は雌を押さえこんだまま、おとなしくなるのを待っているかのよう。

レンズ

AI Micro-Nikkor105 f/4s・・30年前のレンズ。これを開放で使用してます。このレンズの独特のとろみが出せたかな・・そう思ってます。シャッタースピードは1/60。

RVP100 三脚使用 NikonF5  福島潟 7月30日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

半分赤い・「なんだぁ~・・待てよ!」「これで終わりじゃないよな!」

カブトムシ屍

関連記事

  1. ん?・・

    丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地…

  2. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな…

  3. 霧の福島潟

    2012年4月28日福島潟。風なし。気温4度。防寒着を重ね着した。6…

  4. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。…

  5. 草葉の陰

    撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影…

  6. 冬野

    夜明け前に駐車場に着いていながら「早すぎたかな ちょこっと目をつむろう」…

  7. 凍み渉るハンノキ・福島潟は霧に包まれていた・Ko…

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF…

  8. 終い花にトンボ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。