月の山のカメムシ

胎内市・白鳥公園
 森敦の小説『月山』、舞台となる鶴岡市の山懐深く注連寺の庫裡に、
カメムシが大挙して押し寄せ、寺の爺さんの追い払う所作から、主人公が
冬の到来を感じとる場面が出てくる。
そのカメムシが、このクサギカメムシでねんでろが?
 小説を読み返すうちに、それは確信へと近づいてはいるが自信はない。
自信の無い理由の一つがにおいだ。小説では柄杓で打ち落としたり、
脚で踏んづけたりする度ごとに、においに辟易しているようだが、
その覚しきカメムシを捕まえて鼻先に持ってきてもにおいが判らない。
タバコを止めてから数年、女房に「あんた、鼻効くようになったね」と
言われ、会社でも「犬みてえだな」と良いのか悪いのか、そんな風に呼ばれるが
ヤツの腹の部分を嗅いでも、背中を嗅いでもちっともにおいがしてこない。
もしかしたら、ちょっこら怒らせたり、危険な目に遭わせない限り
異臭を発しないのではないのかな、なんて学者ぶってみたくもなるのだ。
おそらくはくさいにおいは仲間への警告臭でもあるのかなとも考えている。
 人様にはあまり宜しくない存在ではあるが、陽が射して葛の葉は輝き、
葉脈は血管のように浮き出て見えるし、カメちゃんの甲羅もそれなりに
綺麗に光ってきたことだし・・・と言うわけで写真に撮ってみた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  8月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

潟の細道

レモンイエロー

関連記事

  1. 朝露トンボ

    サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。一応、調べて…

  2. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  3. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

  4. 千枚通しで突き抜けて

    専門的でややっこしい話は別として、この葉っぱ、「よっしゃぁ~」ってな勢いで残…

  5. 大きめのフキノトウ

    2014年4月 関川村キャンプ場 大地に春の訪れを告げてくれたフキノトウ。様…

  6. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  7. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  8. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。