月の山のカメムシ

胎内市・白鳥公園
 森敦の小説『月山』、舞台となる鶴岡市の山懐深く注連寺の庫裡に、
カメムシが大挙して押し寄せ、寺の爺さんの追い払う所作から、主人公が
冬の到来を感じとる場面が出てくる。
そのカメムシが、このクサギカメムシでねんでろが?
 小説を読み返すうちに、それは確信へと近づいてはいるが自信はない。
自信の無い理由の一つがにおいだ。小説では柄杓で打ち落としたり、
脚で踏んづけたりする度ごとに、においに辟易しているようだが、
その覚しきカメムシを捕まえて鼻先に持ってきてもにおいが判らない。
タバコを止めてから数年、女房に「あんた、鼻効くようになったね」と
言われ、会社でも「犬みてえだな」と良いのか悪いのか、そんな風に呼ばれるが
ヤツの腹の部分を嗅いでも、背中を嗅いでもちっともにおいがしてこない。
もしかしたら、ちょっこら怒らせたり、危険な目に遭わせない限り
異臭を発しないのではないのかな、なんて学者ぶってみたくもなるのだ。
おそらくはくさいにおいは仲間への警告臭でもあるのかなとも考えている。
 人様にはあまり宜しくない存在ではあるが、陽が射して葛の葉は輝き、
葉脈は血管のように浮き出て見えるし、カメちゃんの甲羅もそれなりに
綺麗に光ってきたことだし・・・と言うわけで写真に撮ってみた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  8月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

潟の細道

レモンイエロー

関連記事

  1. RICOH GRⅢx・冷たいコンテナヤード

    RICOH・GRⅢ「寒い」と言うより「冷たい」と感じたのは露出した首筋に…

  2. 山影蒼く・ノビタキ

     大きな川を隔てて蒼く沈んだ山肌は新発田市米倉の山々。野焼きの煙がほどよく地…

  3. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  4. 朽ちた煙突

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  5. 残像

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  6. 体は白黒、ストローは黄色・ゴマダラチョウ

    昨年夏、エノキやコナラの高い所で飛び交っているのを見ていた。「持っているカ…

  7. 杉林の底は温いのだ・水芭蕉

    RICOH・GRⅢx枝葉が幾重にもなった杉林の底床は僅かに射し込む陽の光…

  8. ともしび

    暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。舞い落ちた葉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。