ヒオドシチョウ・何でだろ~

阿賀町・たきがしら湿原
 午前11時頃、撮影を終えて駐車場に戻るとこのありさま。
オイラの車のドア枠をペロペロ、ツンツンしているのはヒオドシチョウか?
裏翅のあの筋模様はたしかそいつであるはず・・でも、なんでかな。
 近づいても逃げる気配が無く、勢い、後部ドアをあけてみた。逃げない。
小型の三脚から大型の三脚に取っ替えて、目の前で撮影準備。逃げない。
「なんだぁ?コイツ」とばかり人差し指を差し出したら、乗り移ってきた。
その指を左右に動かしても逃げず、大きく揺すったらハラリと舞い上がった。
でも、なんと、ブーメランのように舞い戻って、今度はオイラのTシャツに。
近くの他人様が「撮りてぇ~」てな顔つきなもんだから「はい、どうぞ」と
腹を突き出しても逃げない。一体、何が起きちゃったの?
 機材を取り出しセットしたのはそれなりの植物やら草木にとまった時の為で、
オイラの車とのツーショットなんて全く興味が無い。
・・とは言うもののその熱心な姿に、払いのけてまで車を発進させるなんて
出来るわけが無く、ひたすら飽きてくるその時を待ったのでありました。
その間に記念とばかり写真に収めてみました。
 背後に映った姿はカメラを構えたオイラで、心霊写真ではないからね。
 RVP100 AI Micro-Nikkor 105f/4s NikonF5  6月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

交尾中のヒメシジミ

これってモノサシトンボ?

関連記事

  1. 女のたこ

    adox chs100ⅱ cosina voigtlander ultron…

  2. やまゆり

     新発田市内ノ倉から旧黒川村へ通じる道路沿い、民家近くの山の林の中でドッカ~…

  3. みんな帰っちゃったな・・

     仲間の白鳥たちはみんな北へ帰っていった。賑やかだった湖面はすっかり静まり返…

  4. ジャノメチョウ♂

    寝苦しい夜でもないのに、嫌な夢を見続けていたようです。ちょうど北朝鮮がIC…

  5. 「母の日」の母

    Kodak T-MAX400 cosina voigtlander ultr…

  6. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  7. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  8. セアカツノカメムシ

    カメムシは農作物を食い荒らす害虫として断トツ的存在であるのだけど、そうで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。