ヒオドシチョウ・何でだろ~

阿賀町・たきがしら湿原
 午前11時頃、撮影を終えて駐車場に戻るとこのありさま。
オイラの車のドア枠をペロペロ、ツンツンしているのはヒオドシチョウか?
裏翅のあの筋模様はたしかそいつであるはず・・でも、なんでかな。
 近づいても逃げる気配が無く、勢い、後部ドアをあけてみた。逃げない。
小型の三脚から大型の三脚に取っ替えて、目の前で撮影準備。逃げない。
「なんだぁ?コイツ」とばかり人差し指を差し出したら、乗り移ってきた。
その指を左右に動かしても逃げず、大きく揺すったらハラリと舞い上がった。
でも、なんと、ブーメランのように舞い戻って、今度はオイラのTシャツに。
近くの他人様が「撮りてぇ~」てな顔つきなもんだから「はい、どうぞ」と
腹を突き出しても逃げない。一体、何が起きちゃったの?
 機材を取り出しセットしたのはそれなりの植物やら草木にとまった時の為で、
オイラの車とのツーショットなんて全く興味が無い。
・・とは言うもののその熱心な姿に、払いのけてまで車を発進させるなんて
出来るわけが無く、ひたすら飽きてくるその時を待ったのでありました。
その間に記念とばかり写真に収めてみました。
 背後に映った姿はカメラを構えたオイラで、心霊写真ではないからね。
 RVP100 AI Micro-Nikkor 105f/4s NikonF5  6月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

交尾中のヒメシジミ

これってモノサシトンボ?

関連記事

  1. 見逃してしまいそうな春・カタクリ

    やばい、はやい、こわい!どんだけ地面から突き出ているんだろう?とその成長を…

  2. 翡翠

     以前掲載した翡翠の別バージョン。このまま押し入れの中で腐り果てて行く前に…

  3. 枯れ葉に萌黄色・フキノトウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. 今になって『タラの芽』の写真

    昨夜、タラの芽を食べている夢を見た。故郷の胎内市の飲み屋で同…

  5. 待合室の中でバスを待つ葛さん

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 24f/2.8s Niko…

  6. 大きく剥がす・氷の板

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3道を…

  7. 砂の惑星

    RICOH・GRⅢ石じゃなくて砂だね(コンクリートです)。寄せる波、…

  8. ギシギシに普通にぶら下がった紋白蝶の普通でないと…

    クソ暑い!(いま!今日!25日!)*冒頭写真は19日夏真っ盛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。