ヒオドシチョウ・何でだろ~

阿賀町・たきがしら湿原
 午前11時頃、撮影を終えて駐車場に戻るとこのありさま。
オイラの車のドア枠をペロペロ、ツンツンしているのはヒオドシチョウか?
裏翅のあの筋模様はたしかそいつであるはず・・でも、なんでかな。
 近づいても逃げる気配が無く、勢い、後部ドアをあけてみた。逃げない。
小型の三脚から大型の三脚に取っ替えて、目の前で撮影準備。逃げない。
「なんだぁ?コイツ」とばかり人差し指を差し出したら、乗り移ってきた。
その指を左右に動かしても逃げず、大きく揺すったらハラリと舞い上がった。
でも、なんと、ブーメランのように舞い戻って、今度はオイラのTシャツに。
近くの他人様が「撮りてぇ~」てな顔つきなもんだから「はい、どうぞ」と
腹を突き出しても逃げない。一体、何が起きちゃったの?
 機材を取り出しセットしたのはそれなりの植物やら草木にとまった時の為で、
オイラの車とのツーショットなんて全く興味が無い。
・・とは言うもののその熱心な姿に、払いのけてまで車を発進させるなんて
出来るわけが無く、ひたすら飽きてくるその時を待ったのでありました。
その間に記念とばかり写真に収めてみました。
 背後に映った姿はカメラを構えたオイラで、心霊写真ではないからね。
 RVP100 AI Micro-Nikkor 105f/4s NikonF5  6月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

交尾中のヒメシジミ

これってモノサシトンボ?

関連記事

  1. 緑に紅一点・ベニシジミ

    何処にでもいるベニシジミです。良い色合いをしていました。蝶の…

  2. ひょうもんよもぎ

    阿賀町:たきがしら湿原以前掲載した『ひょうもんあざみ』と同じ固体のミドリヒ…

  3. ハクセキレイ

     色合いが似ている奴にセグロセキレイがいる。どちらも白と黒だから遠く離れてい…

  4. 柔らかな光

    撮影の実際「なんで、こんなにフラれるんだろう?」「正直に、偽りなく接して…

  5. 人知れず咲く花の名は?

    2016年4月上旬撮影 関川村鷹巣杉木立、朽ち枯れた枝が一面に敷き詰…

  6. ヨシゴイとオニバス

    陽が陰った分だけ青系の発色が強くでたような。オニバスの花が咲いている…

  7. ふるさとの海

    日本海に沈む太陽。ふるさとの海。東京に出て、白い砂浜でないの…

  8. ガガブタ

    過去写真ちょうど8月のこの時期と記憶している。新潟県聖籠町に位置…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。