藍色・ヒメシジミ

阿賀町・たきがしら湿原

湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。

草むらの真上を行ったり来たり、上に下にとハラリ・ハラリ。花や葉の上に止まっているのもかなりいる。

そのじっとしている蝶に近づき覗き込み、しばらく観察してみた。

葉の上に止まった蝶、すぐに足場を確保するような動作の次にたたんだ翅をこすり合わせはじめます。尻はそんなに動かないのに。

コレって、何のため?どういう役目があるのだろう。一通り、決められた儀式のようにやっているのが気になるな~。

その後にゆっくりと翅をひらいていくのです。これは体内発電のためと理解しているのだが、手をこすり合わせるようなあの動作は一体何だぁ?

写真はオイラの位置から一番近くにいたシジミちゃん。濃淡ある緑を背景に翅がゆっくりとひらいていきます。

染みるような藍色に「キャハッ」となるのは美しい証拠!

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  6月上旬撮影

*蝶の種類が間違っていたらゴメンナサイね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏虫色のカメムシ

みなも輝く一本道

関連記事

  1. 夏のヒシクイ

     飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ戻らず、此所で過ごすこと…

  2. 夏虫色のカメムシ

    こちらを向いてくれるどころか、葉の裏側に回り込もうとする。それでも近づくと翅…

  3. 瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように翅を畳…

  4. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  5. ミヤコワスレをモノサシで計る

    『都忘れ』という花だ。寺の近くの池の畔、だれかが故人を偲んで…

  6. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  7. ウスバシロチョウ

    雑記今日22日、右目の緑内障定期検診日。午前中に瞳孔を開く検査を終え…

  8. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。