藍色・ヒメシジミ

阿賀町・たきがしら湿原

湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。

草むらの真上を行ったり来たり、上に下にとハラリ・ハラリ。花や葉の上に止まっているのもかなりいる。

そのじっとしている蝶に近づき覗き込み、しばらく観察してみた。

葉の上に止まった蝶、すぐに足場を確保するような動作の次にたたんだ翅をこすり合わせはじめます。尻はそんなに動かないのに。

コレって、何のため?どういう役目があるのだろう。一通り、決められた儀式のようにやっているのが気になるな~。

その後にゆっくりと翅をひらいていくのです。これは体内発電のためと理解しているのだが、手をこすり合わせるようなあの動作は一体何だぁ?

写真はオイラの位置から一番近くにいたシジミちゃん。濃淡ある緑を背景に翅がゆっくりとひらいていきます。

染みるような藍色に「キャハッ」となるのは美しい証拠!

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  6月上旬撮影

*蝶の種類が間違っていたらゴメンナサイね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏虫色のカメムシ

鳥屋野潟ゴールデンロード・名玉Ai-Nikkor180f2.8sED

関連記事

  1. 迷彩雀・ウンモンスズメ

    三角形。カタチからしてまるで戦闘機だ。これはスズメ蛾科の特徴であ…

  2. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが、「…

  3. 赤谷のサル

    農家の所有する柿の木にサルがやってきた。映ってないがサルの視線の先に…

  4. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたのタバ…

  5. 悪い癖

    陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥…

  6. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  7. チューリップ畑-2

    相次ぐ爆弾低気圧の接近で西日本は冷凍庫の中のよう。春の気配なんて風雪で…

  8. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。