鳥坂山・薄紅色のイワウチワ

イワウチワは岩団扇と書く。

葉っぱの形が団扇に似ているからだ。

私のように花そのものの姿に注意や興味の視線が集中してしまうと名前の由来を想像するのが難しくなる。

花の色は清楚な薄紅色で外側のフリルが可愛い。団扇なんて連想もしない。

一方、葉っぱは肉厚でごわごわ。

なるほど団扇の形をしている。扇ぐと風が生まれるかもしれない。

花そのものではなく、葉っぱの形に名前の謂れがあるのも珍しいのではないだろうか。よくわからないけど。

(これからの時期、似たような葉っぱで「イワカガミ」(岩鏡)が咲き出す。こちらは葉っぱの表面に光沢があり鏡のように映しだすからなんだろうか・・)

撮影時刻は午後の2時過ぎ。

樹幹越しの日差しが直線的と感じるほどで、イワウチワはその光を思いっきり吸い込んでいるかのよう。

それで逆光の位置から狙ってみた。

小さな姿でありながら力強さを感じるような花の開きになったかな。

背景のごちゃついた林の枝の重なりを嫌い、露出も不足気味にした。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  胎内市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この蕾は一体どこに

桜の花

関連記事

  1. 色を忘れた紅葉

    灌木の裾からキジでもなくヤマドリでもない、そんな類いの野鳥がヒョッコリ姿…

  2. モゾモゾ

    蝉の幼虫。僕の生まれ育った新潟県下越旧中条町では、蝉の幼虫をモゾモゾ…

  3. 水面に弾ける春花火

    24日は未明に雨が雪に変わり、明けて辺り一面銀世界となった。けれども天気は急…

  4. 墓守りの木

    この木の近くに墓地がある。畑もあるけど、お墓の存在は大きい。それで一人で勝…

  5. 落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

    チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い小川…

  6. Daddy Longlegs

    アメリカではこの御方を親しみ込めて“Daddy Longlegs”、…

  7. 粗目雪とふきのとう

    2016年3月中旬撮影 午後、約1年ぶりに関川村鷹巣キャンプ場にやって来まし…

  8. 白花カタクリ

     白花カタクリ   カタクリを撮影していてファインダーから目を離し立ち上がっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。