鳥坂山・薄紅色のイワウチワ

イワウチワは岩団扇と書く。

葉っぱの形が団扇に似ているからだ。

私のように花そのものの姿に注意や興味の視線が集中してしまうと名前の由来を想像するのが難しくなる。

花の色は清楚な薄紅色で外側のフリルが可愛い。団扇なんて連想もしない。

一方、葉っぱは肉厚でごわごわ。

なるほど団扇の形をしている。扇ぐと風が生まれるかもしれない。

花そのものではなく、葉っぱの形に名前の謂れがあるのも珍しいのではないだろうか。よくわからないけど。

(これからの時期、似たような葉っぱで「イワカガミ」(岩鏡)が咲き出す。こちらは葉っぱの表面に光沢があり鏡のように映しだすからなんだろうか・・)

撮影時刻は午後の2時過ぎ。

樹幹越しの日差しが直線的と感じるほどで、イワウチワはその光を思いっきり吸い込んでいるかのよう。

それで逆光の位置から狙ってみた。

小さな姿でありながら力強さを感じるような花の開きになったかな。

背景のごちゃついた林の枝の重なりを嫌い、露出も不足気味にした。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  胎内市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この蕾は一体どこに

桜の花

関連記事

  1. いっぱい光を浴びなさい

    今のうちに沢山の光を浴びなさい。太陽が照っているうちに思いっきり葉を…

  2. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  3. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

  4. 蓮 夏の朝

     夏の瓢湖は蓮のピンクが緑の葉に映えて美しい。遠く蒼い五頭(ごず)連峰の真上…

  5. 明るい場所

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED …

  6. ふたりなひとり

    撮影の心理眺めていて閃いた! 「一人なのに、二人、三人、四人に見える植物は…

  7. 階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 命を紡ぐ大輪寺の菫

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。