蓮畑のサギ

 GW真っ只中。昨年は鳥屋野公園で”春三色”を撮影した。
本日、同じ場所で八重の散り花を撮影した。それだけ今年
は「春が駆け足で過ぎ去った」と言うことだ。
 花びらの積もった様子をカメラに納めたが現像して良かったら
掲載するとして、今日の写真は夏場の瓢湖。ハスが盛りの7月。
葉陰には水鳥たちのエサとなる小魚などが水面近く泳いでいて
サギが忍び足で近づいては捕食を繰り返していた。
 鯨が補食時に集団で連携することはよく知られている。
バブルネットフィーディングという行動だ。
サギの世界も同じ。かつて集団で連携して捕食行動している
場面を瓢湖で目撃したことがある。水際にほぼ横一線に並んで
脚を盛んにグツグツさせてエサとなる対象を一所に集めている。
明らかに意思の疎通が行われているとしか考えられない。
 過去写真 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蒼い福島潟

ネコヤナギにコガラ

関連記事

  1. 山里のサル

     田んぼのあぜ道にドカッと座り込んで人様の仕事の様子を長い間、見つめていた一…

  2. 長旅終えて・・?

     長旅を無事終えて瓢湖への着水を試みようとしているのかな。翼と両足をいっぱい…

  3. 猩々緋の猩々袴

     ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ「漢字で“猩々袴”とあてながら“猩々…

  4. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  5. アケビの花

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  6. 大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

    日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。何処か…

  7. ハルニレのカブトムシ

    ハルニレの樹液をむさぼるカブトムシの♂。午前9時を過ぎ…

  8. アジアイトトンボの若娘

    今朝は今季最高の朝焼けが観られた。5段階評価の“通信簿”に喩えるならば“4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。