蓮畑のサギ

 GW真っ只中。昨年は鳥屋野公園で”春三色”を撮影した。
本日、同じ場所で八重の散り花を撮影した。それだけ今年
は「春が駆け足で過ぎ去った」と言うことだ。
 花びらの積もった様子をカメラに納めたが現像して良かったら
掲載するとして、今日の写真は夏場の瓢湖。ハスが盛りの7月。
葉陰には水鳥たちのエサとなる小魚などが水面近く泳いでいて
サギが忍び足で近づいては捕食を繰り返していた。
 鯨が補食時に集団で連携することはよく知られている。
バブルネットフィーディングという行動だ。
サギの世界も同じ。かつて集団で連携して捕食行動している
場面を瓢湖で目撃したことがある。水際にほぼ横一線に並んで
脚を盛んにグツグツさせてエサとなる対象を一所に集めている。
明らかに意思の疎通が行われているとしか考えられない。
 過去写真 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蒼い福島潟

ネコヤナギにコガラ

関連記事

  1. “五郎丸”とんぼ

     こっ、これは!・・もしかしてあのポーズ?在庫写真を整理していて懐かしいポジ…

  2. ふるさとの海

    日本海に沈む太陽。ふるさとの海。東京に出て、白い砂浜でないのに驚いた。…

  3. ジュンサイ摘み

    10日曇天で、風がチョイ気になる中、恒例の『ジュンサイ摘み』が始まった。…

  4. 胎内市桃崎浜のテトラ群が要塞に見えた時間・Ric…

    RICOH・GRⅢ建国記念の日の11日昼過ぎの桃崎浜のテトラ群。防潮堤を…

  5. 落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

    チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い…

  6. 辛うじてこの1枚・大岩鏡

    現像に出したままのフィルムを受け取りに行ってきた。大型連休中に撮影した8…

  7. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

  8. カナヘビだよね

    阿賀町・たきがしら湿原カナヘビ・・だよな。シッポの部分が青黒く鈍く光…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。