ツバメシジミ

この草は何処でも見かけますが、名前が分からない。図鑑で調べようにも似たような植物がたくさんあって、いい加減飽きてくる。

その草のテッペンで大きさ1円玉にも満たない小っちゃな蝶が翅を休めていた。

ゆっくり、静かに近づき、すぐ痛くなる膝をかばいながらしゃがみ込んで観察してみると、それはツバメシジミだった。

観察していていつも思うのだが、蝶は畳んでいる翅をスリスリする。今回もそのような動作を繰り返していたが、あれは何してるんだろう。

朝露で濡れた翅の水滴をワイパーのように拭い去っているとしか見えないんだな。それとも、お日様の光を浴びて、身体が温まってきて、動き出す前の準備体操なのだろうか?どっちでも良いんだけど、よく見かける動作なんですね、アレ。

しばらくすると、動き出しました。葉っぱの先端を綱渡りするみたいに右から左へ。

その途中の動作をパシャリやったのがご覧の写真。

脚が2本じゃ無いから旨く表現出来ないんだけど、“左の太もも”あたりがチラッと見えたような見えないような。

まあ、あんまり詳しく書くと「変態」男と思われるんで、このへんにしておきます。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 5月14日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人知れず輝くカキドオシ

鳥屋野潟は朱色潟

関連記事

  1. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“ナン…

  2. 犬蓼に紋黄蝶

    イヌタデにとまったモンキチョウ。イヌタデは色褪せ枯れかかって、ピンクの色素が…

  3. 冬の太陽

     時系列で撮影したので,その流れに組み込んでみた。太陽はあらかた昇って、カメ…

  4. とにかくかわいい紋白蝶

     朝焼け狙いで土手に上がったものの、雲が厚く、染まらず。そんな時は足元の蝶々…

  5. 蘇る記憶の光り/福島潟

    50歳になった頃から、身近な自然に関心を持つようになった気がする。…

  6. 朝陽沸く

    退院3日目。点滴針を刺していた右肘内側の皮膚が赤く腫れて痛い。触ると熱を帯び…

  7. そのまま・・動くなよ~

    陽が射して暖まってくると、飛び交う蝶が、やたら目に付いた。少…

  8. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。