マンサク花火

晴れた日の九時台、風も無い。公園のマンサクの花を撮ってみた。

花房みたいに異常に大きく膨らんだこの部分ばかり気になっていて、何度も足繁くやって来ていたが、光周りが弱かったり、風があったり、終いには大切なレリーズを紛失したりして、この日まで撮れていなかった。

この日はオイラにとっては特別な日。すなわちこの為に会社を休み、朝からソワソワ、ドキドキ、ワクワクしていたのでありました。

人によってはどうでもよいことですが、オイラにとってはよくない。色が抜け落ちる前の鮮やかな黄色は、この時期を逃したらまた来年だし。

ちょうど目線の高さの“花玉”は盛りを過ぎたようにも見えましたが、“ほとばしる命の証”みたいなゆらぎを周りに放っているのは判りました。

なんと言えば良いのかな、力強い生命力が伝わってくるような・・、「春を捕まえてやる~」・・花びらがそう叫んでもいるような感じかな。

 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  2月末日撮影

*f値8まで絞り込んでいる。このレンズとしては最短側で撮影している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

福島潟は霧のなか

いにしえの開拓者

関連記事

  1. 水面の目覚め

    撮影の実際穏やかな水面に朝焼けが映えて、魅せられてしまいました。目を凝ら…

  2. 朱色に染まる鳥屋野潟

    台風10号の置き土産ですね(16日)。GRⅡで撮影した画像は投稿済みでし…

  3. 深緑と江戸紫

     葉の色艶や高貴な色合いの紫玉、加えて煩雑な枝が映り込まないとなると、何とし…

  4. 縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

    8月3日の鳥屋野潟ですね。右側(南)からジワジワ攻め込んでく…

  5. 光る雲

    2015年5月30日(土)撮影 早朝の上沼橋。既に先客が二人。準備している間…

  6. ちょっと待った!カマキリ

    8月下旬頃からカマキリをよく見るようになった。時期的に彼らの生活上、大きな…

  7. 澄んだ大気

     上沼橋、午前4時。不純物さえ感じない大気。風が無いせいか寒くはない。葦原で…

  8. なびく水面、なびかない頭髪

    2015年9月24日(木)撮影 風があります。カメラのストラップが右から左へ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。