ひょうもんあざみ

阿賀町:たきがしら湿原

図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひとつ自信が無い。数頭目の前に現れたが、どの蝶も色褪せて見え、しかも翅が痛んでいた。

眺めていると、必死で花々を探し渡り歩いている風に見てとれる。彩りが失せ始めた枯れ野に舞うその姿は、なんだか哀れにも思われた。

そう感じた背景には、やがて来る厳しい冬の寒さとその光景が頭に浮かび、彼らは深く冷たい眠りの中に閉ざされてしまう・・からだろう。

ただ、この状態で越冬し、春を迎えることなんてあり得るのだろうか。

時々仲間の蝶が飛んできて鉢合わせすると、会話を楽しむように動きが活発になり高く舞い上がるが、数秒足らずで思い思いの方向へ。

写真は野アザミか。時期を過ぎすっかり色褪せ頭を垂れている。

万に一つ・・というわけでも無いが、その脇でしゃがんで様子を窺っていたら、吸蜜に夢中で周りが見えないのか、次第にこちらへ近づいてきた。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  10月17日撮影

*アップ過ぎた画面だがトリミングは加えていない。手持ち撮影。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

陽だまりイナゴ

キチョウの囁き

関連記事

  1. 頭上の秋

    もうじき雪がやって来る窓辺に置いたラジオからそんな気象情報が…

  2. 寄り添う土筆

    2016年4月16日撮影 新発田市・滝沢 福島潟で『土筆と朝露』を撮影後、滝…

  3. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  4. 山里のサル

     田んぼのあぜ道にドカッと座り込んで人様の仕事の様子を長い間、見つめていた一…

  5. 翡翠(かわせみ)

    過去写真 初掲載 過去は過去でもかなり前。NikonF5が登場したのが199…

  6. アケビの花

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  7. 猩々緋の猩々袴

     ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ「漢字で“猩々袴”とあてながら“猩々…

  8. 椿の ブチュ~

    場所は加茂市か三条市かもしれない保内公園。苔むした地面に映画…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。