ひょうもんあざみ

この記事は1分で読めます

阿賀町:たきがしら湿原

図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひとつ自信が無い。数頭目の前に現れたが、どの蝶も色褪せて見え、しかも翅が痛んでいた。

眺めていると、必死で花々を探し渡り歩いている風に見てとれる。彩りが失せ始めた枯れ野に舞うその姿は、なんだか哀れにも思われた。

そう感じた背景には、やがて来る厳しい冬の寒さとその光景が頭に浮かび、彼らは深く冷たい眠りの中に閉ざされてしまう・・からだろう。

ただ、この状態で越冬し、春を迎えることなんてあり得るのだろうか。

時々仲間の蝶が飛んできて鉢合わせすると、会話を楽しむように動きが活発になり高く舞い上がるが、数秒足らずで思い思いの方向へ。

写真は野アザミか。時期を過ぎすっかり色褪せ頭を垂れている。

万に一つ・・というわけでも無いが、その脇でしゃがんで様子を窺っていたら、吸蜜に夢中で周りが見えないのか、次第にこちらへ近づいてきた。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  10月17日撮影

*アップ過ぎた画面だがトリミングは加えていない。手持ち撮影。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。