草葉の陰

 撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。
福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、車で10キロほど移動して、新たな撮影場所を
散策していたが、思いのほか風が強く、生き物の気配も感じられないため、
再び福島潟へ戻ってきて、目にしたのがキチョウの乱舞だった。
ある一定の狭い範囲で、数えただけで12頭ものキチョウが宙を舞っていた。
 時刻は朝の8時台。陽射しは雲に覆われ大地には届いていない。
果たして、こんな条件下で、遭遇するとは思ってもおらず、
自分の浅はかな経験値で思いこんでいた事に腹を立てながら見入った。
 しばらく注意深く観察していると、互いが接近する度、動きが忙しない。
パートナーを探している風で、それでいて選り好みしている風にも見える。
一方、密集地域を脱した個体は、マメ科の草木やエノコログサやらセンダングサの
葉陰で孤独を楽しんでいるようで、しゃがんで確かめ、さらに驚いた。
草葉の陰にも沢山いる。なぜにこんなに目に付くのか・・。
 掲載写真は、実は一番オイラの近くで交尾していたカップルだ。
地上高20センチはないだろう。立った姿勢ではおそらく見過ごしていた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヤマトシジミとマイクロレンズ

秋風

関連記事

  1. 蘇ったサワオグルマ

    2015年5月5日(火)撮影 久しぶりに東側の自然観察池周辺を散策してみまし…

  2. モンキチョウ

    2015年10月12日(祝)撮影 予報に反しスッコーンと晴れ渡りました。気温…

  3. 澄まし顔のベニちゃん

     リオ・オリンピックで体操内村が金メダルを獲得した。「E難度技」の連続で、目…

  4. 冬の朝焼け

    冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。…

  5. 木舟

    2015年10月12日(祝) 撮影  太陽を画面に取り込んで作画するのが好き…

  6. 冬木立

    陽が昇って、凍てついて張りつめた大気がちょっと緩んだ感じ。地表近くで…

  7. ヨシキリの声と朝焼けと

    4時前には現地についていたけど激しく眠いし、加えて何故か過去一週間の…

  8. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。