草葉の陰


撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。

福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、車で10キロほど移動して、新たな撮影場所を散策していたが、思いのほか風が強く、生き物の気配も感じられないため、再び福島潟へ戻ってきて、目にしたのがキチョウの乱舞だった。

ある一定の狭い範囲で、数えただけで12頭ものキチョウが宙を舞っていた。

時刻は朝の8時台。陽射しは雲に覆われ大地には届いていない。

陽も射していないこんな条件下で遭遇するとは思ってもおらず、自分の浅はかな経験値で彼らの行動パターンを画一化していた事自体に腹を立てながら見入ったのだった。

しばらく注意深く観察していると、互いが接近する度に動きが活発になる。

パートナーを探している風で、それでいて選り好みしている風にも見える。

一方、密集地域を脱した個体は、マメ科の草木やエノコログサやらセンダングサの葉陰で孤独を楽しんでいるようで、しゃがんで確かめ、さらに驚いた。

草葉の陰にも沢山いる。なぜにこんなに目に付くのか・・。

掲載写真は、実は一番オイラの近くで交尾していたカップルだ。

地上高20センチはないだろう。立った姿勢ではおそらく見過ごしていた。

集団交尾の最中に出くわしたのだろうか。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヤマトシジミ・Ai-Micro Nikkor100f4sが好きなのよ

秋風

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. レモンイエロー

    陽が当たり始めて、雨露に濡れた草地が一気に輝きだして、目を開けようにも眩ん…

  3. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。その赤…

  4. 黄色い水仙と青空

    菜の花の黄色いじゅうたんが目を引くなか、岸辺にポツンな水仙を見つけた。空…

  5. アキアカネは夢の中・社長室でステテコの夢を見たワ…

    寝ている時にみる「夢」って何を表しているんだろう?その人の希望?、願望?、…

  6. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  7. 何気な畦道

    見かけておきながら、その脇をすり抜けていたアキアカネ。撮りたいという欲求…

  8. 福島潟 いつもの木・富士がB/Wフィルムの製造販…

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。