草葉の陰

 撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。
福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、車で10キロほど移動して、新たな撮影場所を
散策していたが、思いのほか風が強く、生き物の気配も感じられないため、
再び福島潟へ戻ってきて、目にしたのがキチョウの乱舞だった。
ある一定の狭い範囲で、数えただけで12頭ものキチョウが宙を舞っていた。
 時刻は朝の8時台。陽射しは雲に覆われ大地には届いていない。
果たして、こんな条件下で、遭遇するとは思ってもおらず、
自分の浅はかな経験値で思いこんでいた事に腹を立てながら見入った。
 しばらく注意深く観察していると、互いが接近する度、動きが忙しない。
パートナーを探している風で、それでいて選り好みしている風にも見える。
一方、密集地域を脱した個体は、マメ科の草木やエノコログサやらセンダングサの
葉陰で孤独を楽しんでいるようで、しゃがんで確かめ、さらに驚いた。
草葉の陰にも沢山いる。なぜにこんなに目に付くのか・・。
 掲載写真は、実は一番オイラの近くで交尾していたカップルだ。
地上高20センチはないだろう。立った姿勢ではおそらく見過ごしていた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヤマトシジミとマイクロレンズ

秋風

関連記事

  1. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  2. 蓮・音色を重ねる

    今年の蓮は当たり。花茎はまっすぐで端正な姿だし、第一に色が良い。…

  3. 薄明光線

     暑い!昼過ぎ、会社から自転車で家に戻ってきたが、汗ダラダラ。た…

  4. 静かな岸辺

     5時過ぎの福島潟です。湖畔に立つが誰もいません。正面の岸辺には桟橋、そして…

  5. 霜降・雨濡れとんぼ

     現像上がりのスリーブを陽に翳してみてもピ~ンとこない。「なんだ~ぁ これ?…

  6. 夜明けの福島潟

    2015年10月12日(祝) 撮影星空ウォッチャーにとっては10月の…

  7. ん?・・

    丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地…

  8. 冷たいタカアザミ

    天気痛気圧が急激に変化すると、頭痛がしたり、耳鳴りがしたり、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。