草葉の陰

 撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。
福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、車で10キロほど移動して、新たな撮影場所を
散策していたが、思いのほか風が強く、生き物の気配も感じられないため、
再び福島潟へ戻ってきて、目にしたのがキチョウの乱舞だった。
ある一定の狭い範囲で、数えただけで12頭ものキチョウが宙を舞っていた。
 時刻は朝の8時台。陽射しは雲に覆われ大地には届いていない。
果たして、こんな条件下で、遭遇するとは思ってもおらず、
自分の浅はかな経験値で思いこんでいた事に腹を立てながら見入った。
 しばらく注意深く観察していると、互いが接近する度、動きが忙しない。
パートナーを探している風で、それでいて選り好みしている風にも見える。
一方、密集地域を脱した個体は、マメ科の草木やエノコログサやらセンダングサの
葉陰で孤独を楽しんでいるようで、しゃがんで確かめ、さらに驚いた。
草葉の陰にも沢山いる。なぜにこんなに目に付くのか・・。
 掲載写真は、実は一番オイラの近くで交尾していたカップルだ。
地上高20センチはないだろう。立った姿勢ではおそらく見過ごしていた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヤマトシジミとマイクロレンズ

秋風

関連記事

  1. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

  2. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

  3. タカアザミは何処へ

    タカアザミは下向きに花を付けるが、コイツは地上高30㎝ほどを、上を向いて咲い…

  4. 冷え込む

     なんだか、急に冷え込んできた(期待している自分がいる)。昨晩は未明、窓枠が…

  5. 寂しいコハク

    11月5日土曜日早朝、畦の小径でうずくまったコハクチョウ幼鳥と出会う…

  6. キタテハ・秋型バージョン

    以前、“フィルム写真の落とし穴”について書いたことがある。デジタルカメラと違…

  7. 遙かな福島潟

    写真は15年ほど前のもの・・と思われる。恥ずかしい話、ちょう…

  8. トンボと水団子

    新潟市・福島潟  雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。