朝陽シジミ

新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影
 朝露をたっぷりとまとった草の葉がキラキラと輝き出しました。
その葉の上で眠っていたのはシジミ蝶の仲間、ツバメシジミでしょう。
控えめで、地味な体色から察するに、メスの個体と思われます。
草むらのそのまた奧で夜露を凌いでいたのでしょうか。
 小径脇の草むらの中、白い点が気になって、近づいてみました。
ある程度、近づいて、そっとしゃがみ込んだら、オナラがプ~。
・・・なんとかセーフです。今のうちにと静かにパシャリ。
 RVP100(ベルビア100) AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

トンボと水団子

アマガエル

関連記事

  1. 夜明け後の小舟

    『夜明けの小舟』に次ぐ『夜明け後の小舟』。わずか数十分経過しただけで…

  2. 9月の太陽

    この写真、福島潟で撮ったのだけど、どの時期か実のところチンプンカンプ…

  3. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

  4. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな、と…

  5. 朝露トンボ

    2015年9月21日(祝日)撮影コフキトンボと言うらしい。シオカラト…

  6. 桃色雲

     コウホネを覆い尽くす勢いで広がったヒシは弱まる気配がなく、湖面の向こう側へ…

  7. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  8. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。