朝陽シジミ


新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影

朝露をたっぷりとまとった草の葉がキラキラと輝き出しました。

その葉の上で眠っていたのはシジミ蝶の仲間、ツバメシジミでしょう。

控えめで、地味な体色から察するに、メスの個体と思われます。

草むらのそのまた奧で夜露を凌いでいたのでしょうか。

小径脇の草むらの中、白い点が気になって、近づいてみました。

ある程度、近づいて、そっとしゃがみ込んだら、オナラがプ~。

・・・なんとかセーフです。今のうちにと静かにパシャリ。

RVP100(ベルビア100) AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

トンボと水団子

アマガエル

関連記事

  1. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って…

  2. 眠れたかい? エノコログサの懐で一夜を明かしたア…

    エノコログサの懐で一夜をあかしたアキアカネ。夜明けは冷え込んだから、…

  3. ハスの葉の上で哲学する雨蛙 ・NikonF3&A…

    100TMX Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  4. 水玉とツバメシジミ

    ピントを合わせると夜露に濡れたツバメシジミだった。葉や枝も全て露に濡れてい…

  5. 朝靄の中

    「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン「・・勘…

  6. 枯れ葉?

    『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのド…

  7. 寒くないの~?

    あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛…

  8. 岸辺の一本の木が一番美しい立ち姿を見せる夜明け前…

    RICOH・GRⅢx画角は35㎜版フィルム換算で40㎜相当。GRⅢxが4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。