トンボと水団子

新潟市・福島潟 
 雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった。
あの枯草はなんだぁ?スイパ・・・ギシギシ・・・それとも・・
名前なんかどうでもいいが、観ていると、舞っては戻りの繰り返し。
よほど気に入っている場所なんだろうな、てなことで
そのトンボが離れた隙に近くまで行き三脚構え、しゃがみ込んでいると、
フワリと定位置に戻ってきました。
ちょこっと乘かっただけで、枝先がダラ~ンと垂れてきます。
ピントを合わせるとブツブツ小っちゃな実が目に飛び込んできた。
その実を大事そうに抱えていたように見えたのだが、よくよく観ると
なんと、水団子をコネコネと丸めている。
飲むのか、飲まないのか・・どっちなんだ!と、その瞬間を待っていたが
雨がザ~と降ってきて、あえなく退散してしまったオイラでした。
 トンボの名前はなんだろなぁ~ 知らないなぁ~。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5   7月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝焼け

朝陽シジミ

関連記事

  1. 赤の福島潟

    久しぶりの2連休で、撮影のことだけしか頭になかったが、秋の地雨でしょ…

  2. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  3. 意地悪な雲・福島潟

    上層雲のウロコ雲なのか、中層雲のヒツジ雲なのか、どっちでもよいのですが、あと…

  4. 福島潟・影ごおり

    昨夜の28日は新潟駅前のホテルで会社の新年会があった。少々早…

  5. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

  6. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  7. 今季一番の冷え込み、氷紋を撮る

    5時過ぎに福島潟に到着。車から出た瞬間「何、この寒さ!」さっ…

  8. 靄る福島潟・迷惑男と遭遇したの巻

    2016年3月5日(土)撮影 真夜中に目が覚めてしまいました。外に出て空を仰…

コメント

  1. こんばんは。これは若いコフキトンボですかね。成熟すると白い粉を吹いたようになって
    シオカラトンボを小さくしたような姿になります。

      • とみとみ
      • 2016年 7月 17日 1:55am

      いつもスミマセン。これがコフキの若なんですね。
      この状態で一度、フィルムを取りに車に戻ってます。
      それでも、逃げずに団子をコネコネ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。