トンボと水団子

新潟市・福島潟 
 雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった。
あの枯草はなんだぁ?スイパ・・・ギシギシ・・・それとも・・
名前なんかどうでもいいが、観ていると、舞っては戻りの繰り返し。
よほど気に入っている場所なんだろうな、てなことで
そのトンボが離れた隙に近くまで行き三脚構え、しゃがみ込んでいると、
フワリと定位置に戻ってきました。
ちょこっと乘かっただけで、枝先がダラ~ンと垂れてきます。
ピントを合わせるとブツブツ小っちゃな実が目に飛び込んできた。
その実を大事そうに抱えていたように見えたのだが、よくよく観ると
なんと、水団子をコネコネと丸めている。
飲むのか、飲まないのか・・どっちなんだ!と、その瞬間を待っていたが
雨がザ~と降ってきて、あえなく退散してしまったオイラでした。
 トンボの名前はなんだろなぁ~ 知らないなぁ~。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5   7月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝焼け

朝陽シジミ

関連記事

  1. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせい…

  2. 冬野

    夜明け前に駐車場に着いていながら「早すぎたかな ちょこっと目をつむろ…

  3. 9月の太陽

    この写真、福島潟で撮ったのだけど、どの時期か実のところチンプンカンプ…

  4. からまる

     朝露の瑞々しさよりもツルの力強さに魅せられた感じがします。「なにがなんでも…

  5. 白鳥は内股で歩く

    大きさは僕の手の平ほど。これで水かきがあるということは白鳥で…

  6. 花になれ

     花になってくれ~、一輪の花、頼むからなってくれ~・・!オイラの想いが伝わっ…

  7. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  8. 遙かな福島潟

    写真は15年ほど前のもの・・と思われる。恥ずかしい話、ちょう…

コメント

  1. こんばんは。これは若いコフキトンボですかね。成熟すると白い粉を吹いたようになって
    シオカラトンボを小さくしたような姿になります。

      • とみとみ
      • 2016年 7月 17日

      いつもスミマセン。これがコフキの若なんですね。
      この状態で一度、フィルムを取りに車に戻ってます。
      それでも、逃げずに団子をコネコネ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。