赤い実とカマキリの卵

2015年11月23日(祝)撮影

 いつの間にか秋が終わっていたんだな。

野イバラや野ブドウの実は色失せ、立ち枯れした草木が目立ち、

葉も朽ち落ちて、雑然とした藪が目立つようになった。

おまけに柵沿いの野イバラは一回りも小さくなっていた。

生け花にするのか、かなりの枝が切り落とされたせいだ。

枝の鋭い切り口からみて道具を用意した計画性がうかがえる。

 卵の付いた枝の一つはそれを固定していたツルもなくなった。

かろうじて野イバラの実に抱きかかえられてはいるが

やがては野イバラ同様に持ち去られるか、朽ちていくのだろう。

朝、光が満ちてくるのを待って、パチリ。

 RVP100 105㍉ NikonF5   鳥屋野潟公園




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

モバイル対応

ヒメアカタテハの日光浴

関連記事

  1. 松ぼっくり

    子供が松ぼっくりを拾い集めて、石の上に並べて遊んでいた。母親に断ってその並…

  2. ひとりの時間

    「なんで、こんな色合いの夜明けがはじまるんだ~?」「大気中に含まれる…

  3. 主菓子

    目の覚めるような綺麗な苔で足を止めて見入ってしまった。午前中…

  4. 鳥屋野潟/春霞

    30日も仕事である。忘年会も、新年会も我々の業界ではそんな言葉は存在しない…

  5. もしかして、大スクープ!・・?

    何やら、見たこともない模様の蝶を見つけた。1円玉ほどの大きさ。シジミチョウ…

  6. 豚雲と赤い夜明け

    2015年5月11日(月)撮影 夜明け前、ひんやりした大気が鳥屋野潟を覆って…

  7. ORANGE・BAND

    公園の樹木や街中の木々が一斉に色付き始めたようだ。標高の高い地域ではどんな…

  8. 秋色ナナカマドの実

    2015年10月4日(日)撮影今年はナナカマドの実がやたら綺麗に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。