赤い実とカマキリの卵

2015年11月23日(祝)撮影

 いつの間にか秋が終わっていたんだな。

野イバラや野ブドウの実は色失せ、立ち枯れした草木が目立ち、

葉も朽ち落ちて、雑然とした藪が目立つようになった。

おまけに柵沿いの野イバラは一回りも小さくなっていた。

生け花にするのか、かなりの枝が切り落とされたせいだ。

枝の鋭い切り口からみて道具を用意した計画性がうかがえる。

 卵の付いた枝の一つはそれを固定していたツルもなくなった。

かろうじて野イバラの実に抱きかかえられてはいるが

やがては野イバラ同様に持ち去られるか、朽ちていくのだろう。

朝、光が満ちてくるのを待って、パチリ。

 RVP100 105㍉ NikonF5   鳥屋野潟公園




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

モバイル対応

ヒメアカタテハの日光浴

関連記事

  1. 寸光

    他人との繋がりに“疲労”を感じる時があります。届いたメールの返事が遅れると…

  2. 春先の気候の変化は心の変調?

    マラソンに参加する選手、この寒さをどう耐えているんだろうな(17日の話)。…

  3. 愛らしいネジバナ

     ネジバナを撮る。午後、鳥屋野公園かめ吉田んぼの池にいく。木道沿いの湿地に立…

  4. 公園内の掃除用具

    kodak t-max100 cosina voigtlander ultr…

  5. 私という暗黒物質

    Kodak T-MAX400 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8…

  6. 待ち遠しい春

    今年の冬は忙しない。師走に入った途端、ボクのいる回りの空間だけ巷からスッポ…

  7. パジャマにカッパ姿で眺めた日の出

    RICOH GRⅢ文字どおりですわ。起きたままの格好では恥ずかしいし…

  8. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。