赤い実とカマキリの卵

2015年11月23日(祝)撮影

 いつの間にか秋が終わっていたんだな。

野イバラや野ブドウの実は色失せ、立ち枯れした草木が目立ち、

葉も朽ち落ちて、雑然とした藪が目立つようになった。

おまけに柵沿いの野イバラは一回りも小さくなっていた。

生け花にするのか、かなりの枝が切り落とされたせいだ。

枝の鋭い切り口からみて道具を用意した計画性がうかがえる。

 卵の付いた枝の一つはそれを固定していたツルもなくなった。

かろうじて野イバラの実に抱きかかえられてはいるが

やがては野イバラ同様に持ち去られるか、朽ちていくのだろう。

朝、光が満ちてくるのを待って、パチリ。

 RVP100 105㍉ NikonF5   鳥屋野潟公園




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

モバイル対応

ヒメアカタテハの日光浴

関連記事

  1. モンシロチョウ

    2015年10月12日(祝)撮影 雲行きが怪しくなって、風も出てきた。雨もぽ…

  2. アカバナマンサク

    アカバナマンサク前回、「ピロピロとマンサクの花」を掲載したが…

  3. 幸せの 黄色い ボンボン

    写真のお方はヤナギトラノオ。漢字で書くと『柳虎の尾』となるのだろうが、葉っぱ…

  4. 全滅

    インフルA型に感染し、床に伏しておりました。生産的戦闘能力なんてあってたま…

  5. 落ち葉のカタチ

    葉っぱのカタチ・・何に見えるかな?葉っぱの持ち主は?…

  6. ReversalFilm NikonF3 

    夜明けの炎雲

    鳥屋野潟を望む上沼橋に立つと頭の中を風がすり抜けていくようになった。…

  7. 鳥屋野潟 一瞬のポワ~

    15日の鳥屋野潟の朝焼け。日の出時刻が4時21分になった。夏…

  8. 露草色

    2015年8月中旬撮影 見れば見るほど、吸い込まれるほど清楚で瑞々しい青なの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。