ハッチョウトンボとGRⅢ

RICOH・GRⅢでハッチョウトンボを狙ってみた。

35㎜版換算で28㎜相当でやってみたら、やっぱ小さい。

GRⅡに接写レンズを付けた状態と画角がほぼ同じまで寄れるから、出来るだけ近づいたけど、大きさ一円玉程度のトンボではどうしょうもないか。

使用に躊躇したけどクロップモードでやってみた。

35ミ㎜と50㎜のうち50㎜を選択。

スポットAFで画面の狙った位置を指先でポン。シャッター半押しでピントが合って、そのままジュワァ~と押し込んで撮影してます。

仕様書を読むとある程度AFでピントを追い込んでからマニュアルで厳密にピント調整できるらしいが、カメラ背面のダイヤルをクルクル回すのがとてつもなく難儀だし、風吹いたりして被写体が揺れたりすれば、そんな作業は永遠に続いてしまうから、屋外での使用はダメでしょうな。

今回は開放2.8の状態とちょっと絞ったのと2パターンを撮影。

写真は後者、f5.6。

rawで撮影してカメラ内現像し、JPEG(XS)で貼り付けている。XSサイズでもワードプレスでは画像量があるからリサイズされていると思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蝉の音と耳鳴り

燃える水面

関連記事

  1. いっぱい光を浴びなさい

    今のうちに沢山の光を浴びなさい。太陽が照っているうちに思いっきり葉を…

  2. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  3. 八丁目のトンボ

    一丁目、二丁目、三丁目・・どこかの街の八丁目に生息していたから“ハッ…

  4. 蓮 夏の朝

     夏の瓢湖は蓮のピンクが緑の葉に映えて美しい。遠く蒼い五頭(ごず)連峰の真上…

  5. 明るい場所

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED …

  6. ふたりなひとり

    撮影の心理眺めていて閃いた! 「一人なのに、二人、三人、四人に見える植物は…

  7. 階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 命を紡ぐ大輪寺の菫

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。