ハッチョウトンボとGRⅢ

RICOH・GRⅢでハッチョウトンボを狙ってみた。

35㎜版換算で28㎜相当でやってみたら、やっぱ小さい。

GRⅡに接写レンズを付けた状態と画角がほぼ同じまで寄れるから、出来るだけ近づいたけど、大きさ一円玉程度のトンボではどうしょうもないか。

使用に躊躇したけどクロップモードでやってみた。

35ミ㎜と50㎜のうち50㎜を選択。

スポットAFで画面の狙った位置を指先でポン。シャッター半押しでピントが合って、そのままジュワァ~と押し込んで撮影してます。

仕様書を読むとある程度AFでピントを追い込んでからマニュアルで厳密にピント調整できるらしいが、カメラ背面のダイヤルをクルクル回すのがとてつもなく難儀だし、風吹いたりして被写体が揺れたりすれば、そんな作業は永遠に続いてしまうから、屋外での使用はダメでしょうな。

今回は開放2.8の状態とちょっと絞ったのと2パターンを撮影。

写真は後者、f5.6。

rawで撮影してカメラ内現像し、JPEG(XS)で貼り付けている。XSサイズでもワードプレスでは画像量があるからリサイズされていると思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蝉の音と耳鳴り

燃える水面

関連記事

  1. 伊達男 オシドリ

    神様は何でこんな色彩の取り合わせにしたのだろう。見れば見るほ…

  2. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  3. 王者の品格・オニヤンマ

    背筋ピ~ン。早くも王者たる品格が見え隠れしています。伸ばした躰は端正で美し…

  4. ジュンサイ摘み

    10日曇天で、風がチョイ気になる中、恒例の『ジュンサイ摘み』が始まった。…

  5. 鶯色と紅梅色

     日本の伝統色で言うなら"鶯色”と”紅梅色”か。カタクリです。昨年撮影してい…

  6. 冬 シジュウカラ

     樹皮の中の昆虫やかろうじて残った種子を食べにやって来たのはいいがあまりの吹…

  7. 藪の中・ツクバネウツギ

    折り重なる枝葉の向こうにその妖精はまどろむような姿で座っています。…

  8. 誕生だね オオヤマトンボ

    彼は私という人間に見つかって、さぞ胡散臭かっただろう。「これ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。