ハグロトンボ

2015年7月19日(日)撮影

鳥屋野潟公園”魚つきの森”で一番最初に目にするヤツ。

何故かこの一角だけ沢山いる。撮影当日もかたまって5,6匹。

ロウバイの葉っぱや日陰の草むらにとまっています。

撮影しようと何度も近づこうとしましたが、90センチぐらいまで寄ると蝶のようにヒラヒラ飛び立ってしまいます。

この写真もそう。抑えに1枚パシャ、もう一歩近づき、「露出や構図を決めてやるぞ~」とカメラを動かした瞬間、逃げられた。

したがって撮影出来たのは最初の1カットのみ。

でも飛び立ってもすぐ近くに”着地”する。

だから仕切り直しとばかり何度も近づいたが、なぜか暗いところばかり。

シャッターは押す気になれなかったものの、観察は出来たかな。

黒でも、紫がかったもの、焦げ茶色の光沢があるもの、とまっているときに閉じている翅が一定の間隔で扇状に広がること・・「どうしてなんだろう、まるで深呼吸でもしているみたい」。

小さい頃から目にしてきたはずなのに、知らないことだらけだな。

RVP100 105㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時候雑記-6

ガガブタ

関連記事

  1. Damage

    陸に上がった舟、右舷の胴部分のダメージに惹かれました。何層に…

  2. ワルナスビ

    よろしくない存在(少なくとも僕には)。茎や葉にトゲがあり、う…

  3. 暁の光・鳥屋野潟

    7月の第2週に撮影してますが、いつだったかな。撮影日誌に書いてないから、心…

  4. ヒメアカタテハの日光浴

    2015年11月22日(日)撮影 小春日和である。風も無く、陽射しは暖か。…

  5. blue moment

    *記事は現在 写真は2014年5月撮影夜明け前のほんの数分間、青の時間がや…

  6. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている…

  7. 初々しい 新芽

    午後になり陽が射し始める。入院中の女房は順調で「焼きプリン買ってきて…

  8. 藪の中 マユミの実

    2013年12月1日正式にはスポーツ公園、長潟の森地区。公園柵ぎ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。