ハグロトンボ

2015年7月19日(日)撮影

鳥屋野潟公園”魚つきの森”で一番最初に目にするヤツ。

何故かこの一角だけ沢山いる。撮影当日もかたまって5,6匹。

ロウバイの葉っぱや日陰の草むらにとまっています。

撮影しようと何度も近づこうとしましたが、90センチぐらいまで寄ると蝶のようにヒラヒラ飛び立ってしまいます。

この写真もそう。抑えに1枚パシャ、もう一歩近づき、「露出や構図を決めてやるぞ~」とカメラを動かした瞬間、逃げられた。

したがって撮影出来たのは最初の1カットのみ。

でも飛び立ってもすぐ近くに”着地”する。

だから仕切り直しとばかり何度も近づいたが、なぜか暗いところばかり。

シャッターは押す気になれなかったものの、観察は出来たかな。

黒でも、紫がかったもの、焦げ茶色の光沢があるもの、とまっているときに閉じている翅が一定の間隔で扇状に広がること・・「どうしてなんだろう、まるで深呼吸でもしているみたい」。

小さい頃から目にしてきたはずなのに、知らないことだらけだな。

RVP100 105㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時候雑記-6

ガガブタ

関連記事

  1. 夜明けの蓋が開くとき

    9月下旬の撮影です。スカッと晴れ上がり、風も無い・・霧が出るかもと予想して、…

  2. 清まし顔の黄花かな

     鳥屋野潟公園「流れ」の小径沿いですね。この公園は散歩にジョギングにバードウ…

  3. 東雲色の鳥屋野潟

    2015年5月1日(金)撮影 上沼橋4時過ぎ到着。雲はありませんが、春特有の…

  4. 鳥屋野潟のコムラサキ

    17日、夜明けの鳥屋野潟を撮影しようと出掛けたが雲が厚い。諦めて、そ…

  5. 燃える 鳥屋野潟

    写真は16日土曜日、出勤前に撮影している。この頃、台風18号は九州上陸を伺…

  6. ピンクのヘビ

    2015年7月5日(土)撮影かめ吉田んぼ脇の湿地にネジバナが咲き…

  7. 音のしない鳥屋野潟

    8月中旬を過ぎ、日の出時刻が5時を過ぎた。夏至の頃に比べ、およそ40分も日…

  8. ネコの“指先”

     「そう言えばあのネコヤナギ、どうしちゃったんでしょうね・・」 「母さん、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。