秋の終わりにアキノキリンソウ

紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。

小径脇の夏草は枯れ出し心なしか道幅が広がって歩きやすくなった。

葉影越しに地膚が覗くようになっている。

気にしていなかった黄色い小さな花が気になるほどに目立つようになった。

立ち止まりしゃがんでは一つずつの花序を覗き込む。

アキノキリンソウ。

ほとんどが終い花。葉が枯れ、萎れ始めたものもある。

ようやく綺麗な個体を見つけた。

背丈ある夏草の袴辺りで申し訳ないほど控えめにちょっこり咲いている。

撮影

ほぼ半逆光の位置から。

30年ほど前のレンズの試し打ちも兼ねていて、そのレンズに敢えてフレアーを入れてみたら笑っちゃうほど盛大に広がった。

度を超した感じがしないでもない。

それでお隣さんの葉っぱでその光を和らげて貰って撮ったのだが、アララ青みがかった仕上がりになっちまった。

青みある発色となったため出来る事なら再チャレンジと後日この個体を探したが在所が掴めないほど一帯が枯れ茶色になっていた。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4 NikonF3  阿賀野市 4日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ザ・蛾!

赤い実にトンボはとまってくれない

関連記事

  1. 不動という事

    私事で8,9の両日は上越にいたのでした。高田と直江津の中間辺りをうろつく。…

  2. 頭上の秋

    もうじき雪がやって来る窓辺に置いたラジオからそんな気象情報が…

  3. カブトムシ屍

    これも現実なのですね。サンダル履きで出掛けられる公園内でもこんなことが起き…

  4. 飛び立つ白鳥

     晴れた朝、気温が下がり、霧が出始めた中、朝陽が一面に差し込んできて、鳴き…

  5. たんぽぽの綿毛

    タンポポンの綿毛。柔らかな光が欲しくて、曇り空のもとで撮ってみました。背…

  6. 翡翠(かわせみ)

    過去写真 初掲載 過去は過去でもかなり前。NikonF5が登場したのが199…

  7. ミヤコワスレをモノサシで計る

    『都忘れ』という花だ。寺の近くの池の畔、だれかが故人を偲んで植えたのだろ…

  8. ちょっと、アンタ~・カマキリ

    誰かさんが言ってたなぁ。「この時期の昆虫達は生殖活動、真っ盛…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。