秋の終わりにアキノキリンソウ

この記事は1分で読めます

紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。

小径脇の夏草は枯れ出し心なしか道幅が広がって歩きやすくなった。

葉影越しに地膚が覗くようになっている。

気にしていなかった黄色い小さな花が気になるほどに目立つようになった。

立ち止まりしゃがんでは一つずつの花序を覗き込む。

アキノキリンソウ。

ほとんどが終い花。葉が枯れ、萎れ始めたものもある。

ようやく綺麗な個体を見つけた。

背丈ある夏草の袴辺りで申し訳ないほど控えめにちょっこり咲いている。

撮影

ほぼ半逆光の位置から。

30年ほど前のレンズの試し打ちも兼ねていて、そのレンズに敢えてフレアーを入れてみたら笑っちゃうほど盛大に広がった。

度を超した感じがしないでもない。

それでお隣さんの葉っぱでその光を和らげて貰って撮ったのだが、アララ青みがかった仕上がりになっちまった。

青みある発色となったため出来る事なら再チャレンジと後日この個体を探したが在所が掴めないほど一帯が枯れ茶色になっていた。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4 NikonF3  阿賀野市 4日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。