ぺたんこ蛙

朽ちた竹棒のテッペンに“伏せ蛙”がいた。

縁を掴む手つきが妙に人間ぽい。

立ち止まり、目線を下げ覗き込んだ。

コイツは俺が目の前にいることを理解しているのだろうか?

表情ひとつ変えない雨蛙に犬に指示する感じで「伏せっ!」と言ってみた。

・・変わらない・・

(考えてみたら出会った最初から“伏せ”の状態 これ以上は無理なんだ)

・・と、その時、コイツの頭に赤トンボが止まった。

一瞬。

此方はオッとなって、カメラを出したが間に合わず。

でも彼は・・固まったまま。

ある意味、哲学的な表情で前を向いているだけなのです。

池の周りを一周して戻ってきても、変わらずこのまま。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 5日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サワギキョウ

“紅光線”・・無理あるなぁ~

関連記事

  1. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  2. 八丁目のトンボ

    一丁目、二丁目、三丁目・・どこかの街の八丁目に生息していたから“ハッ…

  3. 陽を浴びるカタクリ

     今季5回目。鷹巣キャンプ場。辺りを散策。陽の光が林一面に降り注ぐ。待ちわび…

  4. 鳥居と大コブシ

    春、花が咲いたら撮ろうかな・・三度ほど下見に来てて、「ヨッシャ~、今…

  5. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  6. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  7. 三角関係

    鷹巣キャンプ場にカタクリの花を撮りに来た(31日の話)。26日の月曜日、一…

  8. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。