ぺたんこ蛙

朽ちた竹棒のテッペンに“伏せ蛙”がいた。

縁を掴む手つきが妙に人間ぽい。

立ち止まり、目線を下げ覗き込んだ。

コイツは俺が目の前にいることを理解しているのだろうか?

表情ひとつ変えない雨蛙に犬に指示する感じで「伏せっ!」と言ってみた。

・・変わらない・・

(考えてみたら出会った最初から“伏せ”の状態 これ以上は無理なんだ)

・・と、その時、コイツの頭に赤トンボが止まった。

一瞬。

此方はオッとなって、カメラを出したが間に合わず。

でも彼は・・固まったまま。

ある意味、哲学的な表情で前を向いているだけなのです。

池の周りを一周して戻ってきても、変わらずこのまま。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 5日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サワギキョウ

“紅光線”・・無理あるなぁ~

関連記事

  1. 落ち葉の中からフキノトウ

     関川村鷹巣キャンプ場。吊り橋を渡り雪の中を道なりに進むと右側に荒川。飯豊山…

  2. 黄昏カエル

    こないだ掲載した『カジカガエル』のその後の構図がこうなった。…

  3. ハルニレのカブトムシ

    ハルニレの樹液をむさぼるカブトムシの♂。午前9時を過ぎ…

  4. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

  5. 白くないモンシロチョウ

    何じゃこりゃ?モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄色くな…

  6. 大輪寺・“路傍すみれ”

    いつ見ても不思議と思うのです。人や自転車が行き来する砂利道を寝床にしなくて…

  7. カモシカの足跡かも

    2012年4月7日 鷹巣キャンプ場。まだ、積雪40㎝、出入り口は雪の壁。それ…

  8. 藪の中・ツクバネウツギ

    折り重なる枝葉の向こうにその妖精はまどろむような姿で座っています。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。