ぺたんこ蛙

朽ちた竹棒のテッペンに“伏せ蛙”がいた。

縁を掴む手つきが妙に人間ぽい。

立ち止まり、目線を下げ覗き込んだ。

コイツは俺が目の前にいることを理解しているのだろうか?

表情ひとつ変えない雨蛙に犬に指示する感じで「伏せっ!」と言ってみた。

・・変わらない・・

(考えてみたら出会った最初から“伏せ”の状態 これ以上は無理なんだ)

・・と、その時、コイツの頭に赤トンボが止まった。

一瞬。

此方はオッとなって、カメラを出したが間に合わず。

でも彼は・・固まったまま。

ある意味、哲学的な表情で前を向いているだけなのです。

池の周りを一周して戻ってきても、変わらずこのまま。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 5日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サワギキョウ

“紅光線”・・無理あるなぁ~

関連記事

  1. ともしび

    暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。舞い落ちた葉…

  2. Catch・カワセミ

     梅雨入り前の今頃か、知り合い数人と撮影したカワセミ。狙う相手はカワセミで、…

  3. 落ち葉布団

    みなさんは“アンガーマネジメント”という言葉をご存じだろうか。…

  4. 待ち焦がれる陽の光

    もう少しで踏みつけそうになった。ヤゴの羽化を探していて水辺をゆっくり…

  5. 逆立ち

     浮かんだエサはあっという間に消えていく。だから水中に沈んだエサを首を伸ばし…

  6. ヨシゴイとオニバス

    陽が陰った分だけ青系の発色が強くでたような。オニバスの花が咲いている…

  7. 娘さんの首筋・猩猩袴

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  8. 墓守りの木

    この木の近くに墓地がある。畑もあるけど、お墓の存在は大きい。それで一人で勝…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。