ぺたんこ蛙

この記事は1分で読めます

朽ちた竹棒のテッペンに“伏せ蛙”がいた。

縁を掴む手つきが妙に人間ぽい。

立ち止まり、目線を下げ覗き込んだ。

コイツは俺が目の前にいることを理解しているのだろうか?

表情ひとつ変えない雨蛙に犬に指示する感じで「伏せっ!」と言ってみた。

・・変わらない・・

(考えてみたら出会った最初から“伏せ”の状態 これ以上は無理なんだ)

・・と、その時、コイツの頭に赤トンボが止まった。

一瞬。

此方はオッとなって、カメラを出したが間に合わず。

でも彼は・・固まったまま。

ある意味、哲学的な表情で前を向いているだけなのです。

池の周りを一周して戻ってきても、変わらずこのまま。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 5日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。