トラップ

トラップに捕まったチョウトンボ。

岸辺脇の藪道、僕の進む足元からフワ~と舞い上がって、酔っ払いのような“足どり”で逃げた先が蜘蛛の巣だった。

もがく、必死にもがく。

でも、動くほどに蜘蛛の巣に絡まりつき、トンボの体はキュ~と小さくなっていく。

葉陰に潜んでいた主がス~と伝い来て、トンボの頭部に噛みついた。

すると、途端に動かなくなった。

「なんか麻酔でもあんのかな・・」

腕時計の秒針に目をやりながら観察するに、捉えられてからこうなるまで30秒もかからなかった。

ここで、僕が少し体を傾けた。

蜘蛛は危険を感じたのか、やって来た“糸の道”を引き返し、葉陰に隠れる。

その間に三脚位置を変え、次に現れるだろうアングルで狙ったのがご覧の写真。

蜘蛛の背中側に廻り込んだのは最初に観察していたポジションが反対側だったため。

写真を撮り終えた後もじっくりと覗き込んでみた。

30分足らずで跡形も無く食べてしまうんだね(翅の一部、頭の欠片みたいなのはクモの糸に絡まったままだけど)。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 6日撮影

眼病

眼病と言うより年相応の患いかも知れない。

かねてから緑内障の疑い濃厚とのことで、経過観察中であったのだが、今日の定期健診で両眼でその進行が認められ、今後は点眼薬治療となった。

「まずは眼圧を下げましょうね」と女医さんは微笑んでくれた。

でもでも、こちらは「いつか肉眼でレンズのピント合わせもできなくなるんじゃ」とオドオドしている。

実際、右目ではピント合わせがほぼ不可能だし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

緑に紅一点・ベニシジミ

たかが鳥屋野潟 されど鳥屋野潟

関連記事

  1. 翡翠(かわせみ)

    過去写真 初掲載 過去は過去でもかなり前。NikonF5が登場したのが199…

  2. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  3. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  4. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  5. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  6. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  7. かたつむり・・久しぶり

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 脇役になったヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら「それなんですか?」独り男「ヒメシジミですよ」私「も…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。