萌える若葉とツツジに包まれる春

眩しいほどの緑に叫んでしまいました。

キャ~とかオォ~とかウリャ~とか。

もっとも【熊出没注意】と書かれた看板を見たし「今年は熊が出るかもよ」なんて言われてるし、そんなこともある。

この季節の緑を見ると活力が湧いてきます。自身の胎内(失礼!体内だ)から皮膚からデトックスがゆらぎながら抜け出ていくようで、タマリマセン。

新緑もそうですがミツバツツジも一番美しい時期を迎えたようです。

このツツジ、先月27日の時点ではまだ蕾でした。4,5日でこんなになるのですね。

いやぁ~春はいいですね。

嫌なことも忘れてしまいます(この場を離れれば思い出しますけど)。

五月の街にいる者は春を忘れる・・読んだか、聞いたのか覚えてませんが、その言葉の意味するところを感じたのでありました。

「街にいる」を「部屋の中に閉じこもっている」と置き換えるとしっくりきます。

RICOH・GR2 阿賀野市 2日撮影

春の全国交通安全運動

11日から20日まで10日間の日程で開催されます。

安全運転はもとよりこの機会に今一度自身の我流運転を見直してみましょう。

こんなことがありました。

横断歩道に子供が立って渡ろうとしていたんで停止したのですが、対向車がなかなか止まらないのですね。

横断歩道を渡ろうとする人がいる時は車はその手前で停止しなければいけないのに、バンバン通過して行く。

小学生らしきその子、かわいそうになりました。同時に「我々大人のことどう見てんだろうな」と考えてしまい、恥ずかしい気持ちにもなりましたね。

それと自転車は左側通行です。

右側を走っている人を限りなく多く見かけるんで「俺のほうが間違ってんのかな」なんて思ったくらい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

静心なく 花の散るらむ

大輪寺・“路傍すみれ”

関連記事

  1. 待ち焦がれる陽の光

    もう少しで踏みつけそうになった。ヤゴの羽化を探していて水辺をゆっくり…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  4. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  5. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  6. 額紫陽花

     額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。小さな…

  7. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  8. 鳥坂山・薄紅色のイワウチワ

    イワウチワは岩団扇と書く。葉っぱの形が団扇に似ているからだ。私のように花…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。