萌える若葉とツツジに包まれる春

眩しいほどの緑に叫んでしまいました。

キャ~とかオォ~とかウリャ~とか。

もっとも【熊出没注意】と書かれた看板を見たし「今年は熊が出るかもよ」なんて言われてるし、そんなこともある。

この季節の緑を見ると活力が湧いてきます。自身の胎内(失礼!体内だ)から皮膚からデトックスがゆらぎながら抜け出ていくようで、タマリマセン。

新緑もそうですがミツバツツジも一番美しい時期を迎えたようです。

このツツジ、先月27日の時点ではまだ蕾でした。4,5日でこんなになるのですね。

いやぁ~春はいいですね。

嫌なことも忘れてしまいます(この場を離れれば思い出しますけど)。

五月の街にいる者は春を忘れる・・読んだか、聞いたのか覚えてませんが、その言葉の意味するところを感じたのでありました。

「街にいる」を「部屋の中に閉じこもっている」と置き換えるとしっくりきます。

RICOH・GR2 阿賀野市 2日撮影

春の全国交通安全運動

11日から20日まで10日間の日程で開催されます。

安全運転はもとよりこの機会に今一度自身の我流運転を見直してみましょう。

こんなことがありました。

横断歩道に子供が立って渡ろうとしていたんで停止したのですが、対向車がなかなか止まらないのですね。

横断歩道を渡ろうとする人がいる時は車はその手前で停止しなければいけないのに、バンバン通過して行く。

小学生らしきその子、かわいそうになりました。同時に「我々大人のことどう見てんだろうな」と考えてしまい、恥ずかしい気持ちにもなりましたね。

それと自転車は左側通行です。

右側を走っている人を限りなく多く見かけるんで「俺のほうが間違ってんのかな」なんて思ったくらい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

静心なく 花の散るらむ

大輪寺・“路傍すみれ”

関連記事

  1. 翡翠(かわせみ)

    過去写真 初掲載 過去は過去でもかなり前。NikonF5が登場したのが199…

  2. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  3. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  4. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  5. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  6. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  7. かたつむり・・久しぶり

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 脇役になったヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら「それなんですか?」独り男「ヒメシジミですよ」私「も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。