秋色の風・鳥屋野潟

仕事が忙しい。

そうした状況を、頭を回転させたり柔らかくして、あたかも楽しんでいる・・・そんな風に自分をコントロールしている。

仕事が大変忙しい⇒いいんじゃない

昼飯食べる時間がない⇒退職したら夢物語

イラつく⇒カメラ抱えてビール飲んでる己の姿を想像する

そんな感じ。

話変わって、寝苦しい時期があったなんて嘘のよう。

会社帰り、風は生暖かったけど、今は涼しい。

虫の音も作用しているのだろうか。

本を読みたい。

SNSで紹介した本は実のところ図鑑以外は全て読んでいる。

その中で繰り返して読んでいる本が写真家で随筆家であった星野道夫氏の『旅をする木』(文集文庫)。

常に持ち歩くほどなんですね。

彼の綴る文体は泣きたくなるほど美しく、心や肉体が癒やされていくのを感じるのです(出版社の回し者でない)。

写真 

RICOH・GRⅡで撮った写真です。

いまだ撮り方、掲載方法、整理方法など試行錯誤しています。

その一方でフィルムカメラのNikonF5やNikonF3を寝る前にナデナデ。

当然、写真のこの光景もNikonF3様に御登場してもらってます。

f/5.6 1/50秒 ISO200   鳥屋野潟 9月12日撮影

*掲載写真は別版でSNSに投稿済み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

黄色い夜明け

ハイキー調・ときめき橋

関連記事

  1. 豚雲と赤い夜明け

    2015年5月11日(月)撮影 夜明け前、ひんやりした大気が鳥屋野潟を覆って…

  2. ネコの“指先”

     「そう言えばあのネコヤナギ、どうしちゃったんでしょうね・・」 「母さん、…

  3. 鳥屋野潟銀河

    GRⅢ銀河を真横から見るとこんな感じでしょうか。宇宙空間に横とか縦と…

  4. blue moment

    *記事は現在 写真は2014年5月撮影夜明け前のほんの数分間、青の時間がや…

  5. セミの羽化

    2015年7月26日(日)撮影  アレレ、なんか変?どうしちゃったの?午前5…

  6. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。モ…

  7. 姫が踊る

    小さな女の子が服を重ね着し、着飾った姿で踊っている・・・そんな風に見えたので…

  8. 紫雲

    長らく朝焼けの写真を撮ってますが、これは不思議な雲でございました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。