大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。

何処かの町の8丁目に生息していて、それで「ハッチョウ」と名付けたらしい。

メスは「これが♀!?」と驚くくらい♂の装いとは大違い。

どう見ても、小っちゃいアブだ。

大きさは雌雄どちらも10円玉程度。

極めて小さいから見つけにくい。ハッチョウトンボを見つけるという目的意識がなければまずは無理だろう。

けれども一度見つけると、意外に近づきやすい事を知るはずだ(結構寄っても、視線を外して再確認する際に、どこだ?どこだ?となりますけど)。

注意すれば、ケツを指先でチョンと触れるくらいだし。

当然驚いて飛び上がる(地上高30㎝位)。それでも、せいぜい1,2メートル先の葉先に吸い付く感じ。

縄張りがあるのなら極めて局所的とでも言うべきか。

写真

撮影しやすいと思ったが、実際にトライしてみると画面がメチャクチャだ。ハーフマクロのほぼ最短で画角に対しこの大きさ。

背景に藪やら草むらが写り込むと、うるさくなってしまう。

それで、3種類の接写リングを買い求めて、なんとかモノにしようと撮影を続けているが、今のところ成果はサッパリ。

今年はこんなもんで終わるかも。

小っちゃいと構図の決定に少なからず神経を使う・・・それを知っただけでも大きな収穫だ・・と思うようにした。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3 6月下旬撮影  阿賀野市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ねじの回転

夏の夕暮れ時

関連記事

  1. サワギキョウ

    枯れ始めたし、付近はジメジメだし、小枝や葉っぱが交差してるし・・・時…

  2. 青い背中

     スズメやムクドリには申し訳ないがカワセミはやはりキレイ。初めてこいつを覧た…

  3. ネコヤナギにコガラ

     コガラです。3月上旬に”ネコヤナギにシジュウカラ”の写真を掲載したが同じ…

  4. 立浪草かも・いまだ半信半疑

    花の形が泡立って寄せる波に似ているそうで、それで「立浪草」(タツナミソウ…

  5. 迷彩雀・ウンモンスズメ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  6. 墓守りの木

    この木の近くに墓地がある。畑もあるけど、お墓の存在は大きい。それで一人で勝…

  7. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

  8. カブトムシ屍

    これも現実なのですね。サンダル履きで出掛けられる公園内でもこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。