大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。

何処かの町の8丁目に生息していて、それで「ハッチョウ」と名付けたらしい。

メスは「これが♀!?」と驚くくらい♂の装いとは大違い。

どう見ても、小っちゃいアブだ。

大きさは雌雄どちらも10円玉程度。

極めて小さいから見つけにくい。ハッチョウトンボを見つけるという目的意識がなければまずは無理だろう。

けれども一度見つけると、意外に近づきやすい事を知るはずだ(結構寄っても、視線を外して再確認する際に、どこだ?どこだ?となりますけど)。

注意すれば、ケツを指先でチョンと触れるくらいだし。

当然驚いて飛び上がる(地上高30㎝位)。それでも、せいぜい1,2メートル先の葉先に吸い付く感じ。

縄張りがあるのなら極めて局所的とでも言うべきか。

写真

撮影しやすいと思ったが、実際にトライしてみると画面がメチャクチャだ。ハーフマクロのほぼ最短で画角に対しこの大きさ。

背景に藪やら草むらが写り込むと、うるさくなってしまう。

それで、3種類の接写リングを買い求めて、なんとかモノにしようと撮影を続けているが、今のところ成果はサッパリ。

今年はこんなもんで終わるかも。

小っちゃいと構図の決定に少なからず神経を使う・・・それを知っただけでも大きな収穫だ・・と思うようにした。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3 6月下旬撮影  阿賀野市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ねじの回転

夏の夕暮れ時

関連記事

  1. 姫は眠ったまま

    阿賀町・たきがしら湿原 6月19日(日)撮影たきがしらはいつまで…

  2. ネコヤナギにシジュウカラ

    ネコヤナギにシジュウカラがとまってくれました。雪が消え、ネコヤナギが…

  3. 保護色

    これも【保護色】でしょうか。外敵から身を守ったり、またその逆に待ち伏…

  4. 霧と白鳥

     放射冷却が起き、遠く五頭連峰が霧の中に消えていった。岸辺の桜並木と近くの…

  5. ヨシゴイとオニバス

    陽が陰った分だけ青系の発色が強くでたような。オニバスの花が咲いている頃だか…

  6. Catch・カワセミ

     梅雨入り前の今頃か、知り合い数人と撮影したカワセミ。狙う相手はカワセミで、…

  7. ホオズキ・鬼灯

    ホオズキは漢字で鬼灯と書く。お盆の時期に仏前やお墓に備えるの…

  8. バンの親子

    撮影地:新潟県 瓢湖/夏(過去写真) お気に入りなのか、しょっちゅうこのポイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。