アッ・・ピョンキチ?

トノサマガエルなのかダルマガエルなのか迷ってしまいました。

たぶん、『トノサマガエル』と思うのだが、専門家でないから間違っていたら、笑って済ませて欲しい。いずれにせよ環境省が策定した準絶滅危惧種に入っている。

その彼が苔むした杉の根元で表情一つ変えず座り込んでいた。

山の端から陽が射してくれば、少しはニッコリと微笑んでくれるかな・・と寄り添う気持ちで向かい合っていたのに、全くの無表情。

先程まで「耳鳴りか?」と勘違いするほどのセミの音が杉木立やそれに続く竹藪の中から聞こえていたから、止んだその音をもう一度聞きたいと全神経を集中しているのだろうか。

彼が私に関心を示さないのは、オイラの存在よりもっと大切な時間を生きている間に享受し、よしんば大気のゆらぎを皮膚の中に染みこませて、生きていく糧にしたいと考えてのことなのだろう。

杉の根元の抹茶色した苔はいつ来ても気になっていて、靴底で踏まないように気をつけていた(訪れる方は皆そうだろう)。

この場所では野鳥のコマドリやミソサザエなんかがちょこんと下りて、朝日に向かって声高らかにさえずっている姿しか想像していなかったから、カエルガ物憂げな姿でじっとしているとは思ってもいません。

だから最初彼を背後から見つけた時はかなりのドッキリです。

実のところ、トノサマガエルは気持ち悪くて触れない。

模様が駄目なんだな。

シマヘビなんかは普通に捕まえられるのに、このカエルやウシガエルは駄目だ。

このカエル、撮影の最初から最後までほぼこの姿勢のまま。

喉だけクルクルしていた。

こちらが撮影に区切りを付けてそっと三脚の脚をしまい込んで、これまた忍び足で遠ざかって、しばらくして振り向いても、このままだった。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5  阿賀野市 24日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

羊歯とモノサシトンボ

水草覆う福島潟

関連記事

  1. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  2. 水玉とキイトトンボ

    近づいてしゃがみ込むと、ポワ~と浮かび上がる。宙をゆっくり移動しながら、“着…

  3. 水面に弾ける春花火

    24日は未明に雨が雪に変わり、明けて辺り一面銀世界となった。けれども天気は急…

  4. 命尽きる トンボ

    オオヤマトンボでしょうか。どうなんでしょう?ハッチョウトンボ&#x2642…

  5. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  6. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたの…

  7. ハクセキレイ

     色合いが似ている奴にセグロセキレイがいる。どちらも白と黒だから遠く離れてい…

  8. みんな帰っちゃったな・・

     仲間の白鳥たちはみんな北へ帰っていった。賑やかだった湖面はすっかり静まり返…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。