半端ないほど翅をなくしたエンジェル

先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたのタバコ」と思わず口走ってしまった。そしたら、血相変えてこちらに向かって走ってきた。

ヤッベ~と感じて、ダッシュして逃げました。

「短距離走なら自信がある」そんな頭で必死に逃げたが100メートルぐらい走ったところで足がつり、息も途切れ途切れに。

追いかけてくるだろう、その男の方を向くと、三脚ごと地面に倒れ込んでいた。

研修会

アンガーマネージメントの研修会に再度参加した。

自分の怒りや感情をコントロールして、いかに相手を納得させ、理解させるか・・その手法を学ぶ?研修会なのだが、私には無理っぽい。

講師の話を聞きながらあの時、どう対処したらよかったのか・・そう考えた。

「あの~・・タバコの吸い殻、ここに捨ててはいけませんよ」と少し謙虚に言えばよかったのか、それともニッコリ笑って、「はい、これ灰皿代わりにして」とレンズキャップを差し出せばよかったのかな。

自分の感情をコントロールする・・そんな事って出来るのかなぁ。ある程度の理性や道徳意識でカバーするのなら判るのだが。

そうか・・よく言われるように一呼吸置けばいいかもしれない。

・・発泡酒を飲みながら、そんなことを思い返している。

写真のこと

大迫選手がコロンビア戦で見せた「半端ない」活躍より数日前に、半端ない程に翅を欠損しながらも、近づくオイラを翅を拡げて威嚇するキアゲハと出会った。

この日の気温は17度前後。

寒くて活性が鈍っているのだろうか。飛び立ちたくても出来ない。

せいぜい必死の思いで翅をパッと拡げるだけなんだ。あの感じからすると、翅の模様は威嚇する役目もあるみたいだな。

三脚の脚の位置をずらすだけですぐに反応する。煩雑でない背景を予め見据えて近づいて、それでもって、ちょこっと撮影位置の修正を加えただけなのに。

けれでも、しばし待っていると、ゆっくり閉じていく。

花はヒメジョオンだろう。

ハルジオンなら蕾はうつむき気味に垂れるし、葉っぱも茎を抱いてないし(違ってたらゴメンナサイ)。

このカットの前に【少々アップ気味】、【翅を拡げた時】、【逆サイドから】と、オイラも半端ないほど撮影したのでした。

もっとも1枚撮ってフィルムを巻き上げ、ピントを合わせて・・そんな感じ。20カットほどを1時間近く掛けて撮っただけの話。

キアゲハは晴れてきて、気温が上がってくると、翅の一部が欠損している素振りも見せず、まるで天使のように頭上を舞うと、岸の向こうへと飛び去った。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 16日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ジュンサイ摘み

鳥屋野潟 一瞬のポワ~

関連記事

  1. 藍色・ヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。草む…

  2. 野菊の露

    秋の小径を彩る花は野菊。朝の光がやんわりと満ちて、夜露に濡れたその姿…

  3. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  4. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  5. 蓮畑のサギ

     GW真っ只中。昨年は鳥屋野公園で”春三色”を撮影した。本日、同じ場所で八重…

  6. 藪の中・ツクバネウツギ

    折り重なる枝葉の向こうにその妖精はまどろむような姿で座っています。…

  7. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  8. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。