何気な畦道

見かけておきながら、その脇をすり抜けていたアキアカネ。撮りたいという欲求がなかなか沸いてこない。この時期、平地では何もかもが中途半端な色合いだ。

木々の葉は色付く前に舞い落ちたものも沢山ある。目の前の夏草が何故かうっとうしく、目を背けたくなるのは頭の裏側で草紅葉を描きながら見ているせいだ。

トンボにしろ、草木にしろ、さしたる感動も無く視界に入り、そして消えていく。

しかしなんだな、ありのままの姿を受け容れようとしないのも困りもんだな・・

そんなわけで、脳裏から忘れ去っていったであろうその姿を36×24㎜のフレームの中に当てはめて残してみた。これで、記憶が形になった。

なんてことない凡庸な畦道だけど、その場の光景はこのポジのおかげでいつまでも残ることになった・・そう考えればいいや。

構図で四苦八苦

レンズは55㎜のマイクロ。1/2等倍までだ。

オオアレチノギク?の頭頂部全体が収まる位置まで引いている。この塊を左右のどちらに配するかいろいろ試してみた。どちらに振っても煩雑な背景でない。

無難な構図は此方だろう。

トンボの体が右向きだから、そちら側を広く空けた。

その部分にセイタカアワダチソウの黄色い花序がボケて見えるのを意識している。

少し風景的に作画したつもりでいるが、だったらもう少しレンズを絞った方が良かったかな・・なんて後で思っている。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5  10月28日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

金平糖

犬蓼に紋黄蝶

関連記事

  1. 凍光

    “凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギ…

  2. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

  3. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  4. レトロな朝/福島潟

    あらら・・やってしまったかな・・とちょっとは思ったが、じっくり眺めて…

  5. 霞む二王子岳

    二王子岳を撮影した状況登山家の田中 陽希さんが番組「グレートトラバーズ2」…

  6. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  7. ヤマトシジミとマイクロレンズ

     Nikonでは昔から接写用レンズを“マイクロレンズ”と呼ぶ。どうして“マク…

  8. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。