日向で休むヤマキマダラヒカゲ

キマダラヒカゲでも「ヤマ」と「サト」がある。

「ウミ」、「カワ」は無い。「ヤマ」と「サト」で裏翅模様が微妙に違う。

静止した状態でようやく区別がつくくらいだから、さして名前にこだわる必要も無かろう。山で見たからヤマキマダラヒカゲ・・そんなもんでいいだろう。

事実、平地の阿賀野市、遊水池脇の林縁ではサトキマダラヒカゲが飛び交っていた。

写真は3日に胎内市で撮影している。

コレと同じ構図で8月20日に撮影していたが、チョイ露出オーバーが気になり、この日にもう一度、撮り直したのだった。

ナニナニ・・撮り直しって?

そうなんですね。三脚を構えて待っていると裏側から回り込んできて、此所でピタッと動かなくなる。ルリタテハもクロヒカゲもここでじっとなる。

共通点はこの幹の裏側でそれまで樹液をチュウチュウしていること。とまる足元あたりには小さな蟻の道があること・・と言うこと。

で、この前から蟻との関係を疑い始めているのでありました。

RVP100 AI Micro-Nikkor /4s  NikonF5  胎内市 9月3日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

出会いは突然に

関連記事

  1. 藍色・ヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。草む…

  2. 春花火

    2016年4月3日撮影 新発田市・滝沢民家が向かい合う狭い路地を進む…

  3. カキドオシ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. ウツボ草

    花穂の姿形から武士が弓矢を入れたカゴ、つまり靫(うつぼ)に似ているこ…

  5. 葉っぱだけならチンゲン菜

    2016年4月上旬撮影 新発田市・滝沢にて 圧倒的な落ち葉が川端にまでせり出…

  6. 脇役になったヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら「それなんですか?」独り男「ヒメシジミです…

  7. 三光鳥

    前回に続いて、今度はメスのサンコウチョウ。やはり警戒して、辺りをウロ…

  8. 春待つシジュウカラ

    迎春 本年も宜しくお願いいたします。「酉年」ということで、昔…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。