日向で休むヤマキマダラヒカゲ

キマダラヒカゲでも「ヤマ」と「サト」がある。

「ウミ」、「カワ」は無い。「ヤマ」と「サト」で裏翅模様が微妙に違う。

静止した状態でようやく区別がつくくらいだから、さして名前にこだわる必要も無かろう。山で見たからヤマキマダラヒカゲ・・そんなもんでいいだろう。

事実、平地の阿賀野市、遊水池脇の林縁ではサトキマダラヒカゲが飛び交っていた。

写真は3日に胎内市で撮影している。

コレと同じ構図で8月20日に撮影していたが、チョイ露出オーバーが気になり、この日にもう一度、撮り直したのだった。

ナニナニ・・撮り直しって?

そうなんですね。三脚を構えて待っていると裏側から回り込んできて、此所でピタッと動かなくなる。ルリタテハもクロヒカゲもここでじっとなる。

共通点はこの幹の裏側でそれまで樹液をチュウチュウしていること。とまる足元あたりには小さな蟻の道があること・・と言うこと。

で、この前から蟻との関係を疑い始めているのでありました。

RVP100 AI Micro-Nikkor /4s  NikonF5  胎内市 9月3日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

出会いは突然に

関連記事

  1. 出会いは突然に

    まさかの登場にドッキドキになった。こういう出会いは体に良くない。…

  2. 水鏡

    時間がピタッと止まって、微かな音さえ聞こえない1羽のカモが水を飲もう…

  3. この蕾は一体どこに

    写真は7日、記事は今日14日この桜の蕾がどうなったか・・・1…

  4. ハッチョウトンボとGRⅢ

    RICOH・GRⅢでハッチョウトンボを狙ってみた。35㎜版換算で28…

  5. カナブン/樹液を独り占め

    そして、コイツだけが残った。樹液に集まったカナブンは五匹いた。樹液の周りに…

  6. 姫は眠ったまま

    阿賀町・たきがしら湿原 6月19日(日)撮影たきがしらはいつまで…

  7. バカマの素顔

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s+接写リング …

  8. 春の色/一番

    昔から、私の春一番は土筆でなくフキノトウに決まっている。コイツを見つ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。