鳥屋野潟・梅雨の晴れ間

梅雨の晴れ間の7月14日に撮影している。

この時点で4時半をまわって、日の出を迎えるようになった。夏至の頃に比べ20分は遅くなっている。太陽の位置も右に寄ったかな。

葦原からはオオヨシキリが相変わらずガナリ声をあげているが、バックコーラスに林の中で待機していた蝉が加わった。

写真のように緩やかな朝は蝉の声が幾重にもなって、風のように、波のように此方に押し寄せてくる時がある。

目に見えない指揮者が彼らを操っていて、音色はリズミカルで、小さい音から徐々にグワ~と持ち上げてくる。そしてまた小さく消えていく。

そんな中、葦原のオオヨシキリだけが場違いな存在に思えてくる。

音程が全く合っていない。もう少しだけ、か細く丁寧に謳えばいいものを、力一杯に頭の血管が切れるんじゃないかなと思われるような感じで声を張り上げている。

いや・・そんなこと言ってはダメなんだ。

オオヨシキリがいないことには夏の潟はやってこないのに、彼らがいなくなった朝は妙に寂しさを感じるというのに。

そのことを忘れておりました。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5 三脚使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

モノサシトンボ

ノコギリクワガタの品格

関連記事

  1. “紅光線”・・無理あるなぁ~

    リバーサルフィルムの現像が出来上がってきた。仕上がり具合をチェックし…

  2. 初めて見た 鳥屋野潟の朝焼け

    2012年9月5日 おそらくこの日と思うが間違ってたらゴメンナサイ。強…

  3. こりゃぁ~夏戻り雲だぁ~

    RICOH・GRⅢ暑くなるな・・そう感じる雲模様でした。風が鎮まるの…

  4. バルタンな顔・アブラゼミ

    結果、本日の1枚となろうか。この記事を書いている現時点で傍らにビール…

  5. 朝焼けと爺さん

    じいさんは既に80過ぎ。自動車免許の更新を控えていて、「今回で駄目か…

  6. 5日の夜明けと娘の願い

    あんまり口を聞いてくれない娘が「コンクール来てもいいよ」と話しかけてきた。…

  7. モンシロチョウ

    2015年10月12日(祝)撮影雲行きが怪しくなって、風が出てきた。…

  8. 夜明け終いの頃

    26日の夜明けの始まりは風もなく湖面が染まる雲を映し出していましたが、終…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。