鳥屋野潟・梅雨の晴れ間

梅雨の晴れ間の7月14日に撮影している。

この時点で4時半をまわって、日の出を迎えるようになった。夏至の頃に比べ20分は遅くなっている。太陽の位置も右に寄ったかな。

葦原からはオオヨシキリが相変わらずガナリ声をあげているが、バックコーラスに林の中で待機していた蝉が加わった。

写真のように緩やかな朝は蝉の声が幾重にもなって、風のように、波のように此方に押し寄せてくる時がある。

目に見えない指揮者が彼らを操っていて、音色はリズミカルで、小さい音から徐々にグワ~と持ち上げてくる。そしてまた小さく消えていく。

そんな中、葦原のオオヨシキリだけが場違いな存在に思えてくる。

音程が全く合っていない。もう少しだけ、か細く丁寧に謳えばいいものを、力一杯に頭の血管が切れるんじゃないかなと思われるような感じで声を張り上げている。

いや・・そんなこと言ってはダメなんだ。

オオヨシキリがいないことには夏の潟はやってこないのに、彼らがいなくなった朝は妙に寂しさを感じるというのに。

そのことを忘れておりました。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5 三脚使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

モノサシトンボ

ノコギリクワガタの品格

関連記事

  1. 露草色

    2015年8月中旬撮影 見れば見るほど、吸い込まれるほど清楚で瑞々しい青なの…

  2. 赤いもみじ

    2015年11月1日(日)撮影園内でもひときわ色鮮やかなモミ…

  3. 雨のツユクサ

    2015年8月30日(日)撮影 雨が降り続いていて肌寒い。今までのあの暑さは…

  4. ReversalFilm NikonF3 

    夜明けの炎雲

    鳥屋野潟を望む上沼橋に立つと頭の中を風がすり抜けていくようになった。…

  5. ハグロトンボ

    2015年7月19日(日)撮影鳥屋野潟公園”魚つきの森”で一番最初に…

  6. 思い出せない朝焼け

    2015年5月23日(日)撮影・・かも 現像上がりのスリーブを透かして見るま…

  7. 名も知らぬ草

    『身近な自然』をライフワークにして、気の向くままパシャパシャやっているつ…

  8. 鳥屋野潟の日の出

    2015年4月26日(日)撮影 19日に撮影した写真と同じような構図の写真で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。