モノサシトンボ

胴(?)部分に等間隔についた目印が定規の目盛りに見えるのだろう。それで「モノサシトンボ」と言うらしい。

こいつのとまった植物はツユクサで、撮影ポイントを半歩下がれば、あの清楚な青い花が画面に入り込んでくるのに・・・・引き際を失った。

ハラリと飛び上がって、何かを捕まえ食べては、またほぼ同じ場所に舞い戻る。

お気に入りの場所の一つなんだろうと思うと、動くに動けなくなってしまった。

縄張りもそれなりに存在しているみたいで、めいめいそのへんのところをわきまえてとまっているようだ。

ドローンみたいに飛び上がり、戻ってくる際に、よそ様のとまり葉に着地しようとすると、そこの住人が飛びながら相手に向かってツンツンする。

そのやり方は目くじら立てて怒るわけでなく、「そこ、違うよ。オタクさんのとまり葉はあっちだよ」と優しく教え諭している風にみてとれる。

「わきまえてとまっている」と表現したのは、みんな大人の対応を心得ているように見えているからに他ならない。

このトンボの青、トルコ石みたいにキレイだった。それで写真に撮ったようなものだ。現像後のポジをチェックしても遜色なく、その「青」がキレイに発色している。

ところがスキャンしたら緑がかってしまった。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 三脚使用 7月17日撮影 新発田市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

“隠れ帯”・子供バージョン

鳥屋野潟・梅雨の晴れ間

関連記事

  1. 朝陽に透けるエノコロ蝶

    モンシロチョウだと思っていたが、どうやらモンキチョウみたい。モンキチ…

  2. 透かしホオズキ・ACROS100Ⅱ、ようやく現像…

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  3. 花と影・エンレイソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  4. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが、「…

  5. 春の大地は栄枯盛衰 始まりと終わり・Ricoh …

    RICOH・GRⅢx西側高台周辺は低木常緑樹が生い茂り、その中の散歩道を…

  6. “五郎丸”とんぼ

     こっ、これは!・・もしかしてあのポーズ?在庫写真を整理していて懐かしいポジ…

  7. 待合室の中でバスを待つ葛さん・Kodak&Nik…

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 24f/2.8s Niko…

  8. 青カナブンと“金カナブン”

    Facebookページ版で既に掲載済みですが、撮影の背景について問い合わ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。