モノサシトンボ

胴(?)部分に等間隔についた目印が定規の目盛りに見えるのだろう。それで「モノサシトンボ」と言うらしい。

こいつのとまった植物はツユクサで、撮影ポイントを半歩下がれば、あの清楚な青い花が画面に入り込んでくるのに・・・・引き際を失った。

ハラリと飛び上がって、何かを捕まえ食べては、またほぼ同じ場所に舞い戻る。

お気に入りの場所の一つなんだろうと思うと、動くに動けなくなってしまった。

縄張りもそれなりに存在しているみたいで、めいめいそのへんのところをわきまえてとまっているようだ。

ドローンみたいに飛び上がり、戻ってくる際に、よそ様のとまり葉に着地しようとすると、そこの住人が飛びながら相手に向かってツンツンする。

そのやり方は目くじら立てて怒るわけでなく、「そこ、違うよ。オタクさんのとまり葉はあっちだよ」と優しく教え諭している風にみてとれる。

「わきまえてとまっている」と表現したのは、みんな大人の対応を心得ているように見えているからに他ならない。

このトンボの青、トルコ石みたいにキレイだった。それで写真に撮ったようなものだ。現像後のポジをチェックしても遜色なく、その「青」がキレイに発色している。

ところがスキャンしたら緑がかってしまった。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 三脚使用 7月17日撮影 新発田市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

“隠れ帯”・子供バージョン

鳥屋野潟・梅雨の晴れ間

関連記事

  1. アヤメに重ねる笑顔

    母にアヤメの花開いた姿を見せてあげたかったが、駄目だった。風…

  2. 朽ちた煙突

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  3. 白花かたくり

     今年も昨年と同じ場所で白花カタクリが咲いてくれた。いともあっけなく見つけた…

  4. 草紅葉

    秋が深まるとイネ科の枯れ草が目立ってくるんですね。華やぐ花々…

  5. ホオズキ・鬼灯

    ホオズキは漢字で鬼灯と書く。お盆の時期に仏前やお墓に備えるの…

  6. モリアオガエル?

    これって・・モリアオガエル?一般的な雨蛙と比べると二倍以上デカい。そ…

  7. 手水舎の柄杓

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3手水…

  8. 緑の中のベニシジミ

    16日の午前中、胎内市にある胎内昆虫の家に行ってきた。一般客410円の入場…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。