アカバナマンサク

この記事は1分で読めます

アカバナマンサク
 前回、「ピロピロとマンサクの花」を掲載したが
すぐ近くに独立して1本だけアカバナマンサクも咲いていた。
鳥屋野公園トリムの森にも数本ある。
 だけど、これもマンサクの変異種であることを知る人は少ないかも。
撮影中、数人の通行人に声を掛けられ「マンサクの仲間だよ」と
答えても「マンサクは黄色じゃなかったかしら」と返答する方が意外と多かった。
 隣の池で釣れるはずのないバカでかい釣り針で”魚釣り”に興じていた
二人の小学生がその後、近づいて来たから尋ねてみた。
マンサクを指さして「あの花とこの赤い花、どう思う?」と。
「一緒でしょ。色だけ違う。黄色と赤だもん」。
その通り。自然観察には単純で素朴な直感が大切である。
 ところであいつら(小学生を指す)はあんな釣り針でマグロでも
釣るつもりだったのだろうか?
だったらとことん応援したくなる。
 RVP100 105マクロレンズ NikonF5
 2015年2月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。