アカバナマンサク

アカバナマンサク

前回、「ピロピロとマンサクの花」を掲載したが、すぐ近くに独立して1本だけアカバナマンサクも咲いていた。

鳥屋野公園トリムの森にも数本ある。

だけど、これもマンサクの変異種であることを知る人は少ないかも。

撮影中、数人の通行人に声を掛けられ「マンサクの仲間だよ」と答えても「マンサクは黄色じゃなかったかしら」と返答する方が意外と多かった。

隣の池で釣れるはずのないバカでかい釣り針で”魚釣り”に興じていた二人の小学生がその後、近づいて来たから尋ねてみた。

マンサクを指さして「あの花とこの赤い花、どう思う?」と。

「一緒でしょ 色だけ違う 黄色と赤だもん」

その通り。

自然観察には単純で素朴な直感が大切である。

ところであいつら(小学生を指す)はあんな釣り針でマグロでも釣るつもりだったのだろうか?

だったらとことん応援したくなる。

RVP100 105マクロレンズ NikonF5

2015年2月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

賢者フクロウの赤ちゃん

赤谷のサル

関連記事

  1. 鳥屋野潟・くすむ青

    本日6月21日の朝焼けはちょっと興奮した。早めに起きていながら雲が多くて、…

  2. 根開け

    家によくやって来る野良猫がゴロゴロニャ~と鳴くようになった。今年も子作りの…

  3. ピンクのヘビ

    2015年7月5日(土)撮影かめ吉田んぼ脇の湿地にネジバナが咲き…

  4. Like Ink wash painting  …

    RICOH・GRⅢ8月の上旬に撮影してる。RAWモードで撮影してて、JP…

  5. 清まし顔の黄花かな

     鳥屋野潟公園「流れ」の小径沿いですね。この公園は散歩にジョギングにバードウ…

  6. 紅一葉

    今年は紅葉をあまり撮らなかった。なんとなく苦手なせいもある。…

  7. パジャマにカッパ姿で眺めた日の出

    RICOH GRⅢ文字どおりですわ。起きたままの格好では恥ずかしいし…

  8. 狐色の実

    振り向く人も、まして、足を止めて覗き込む人もなく、氷雨に濡れる狐色の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。