キイトトンボ

この時期、よく目にするトンボ。草むらを進んでいくと湧き出るように舞い上がる。

私が主人なら彼らは露払いみたいな存在で、歩む先々を各々がキレイに掃除しては、左右に退き散っていく。

一般的に目にするトンボと違い、やっとこさ体を浮かせている状態で、失速間近な飛び方だ。どのトンボも長く飛び続けるのは苦手みたいだ。

その証拠に、すぐ葉っぱに掴まりたがる。

「やってらんね」みたいな顔をして此方を睨み付ける仲間もいた。

それでいながら警戒心は意外にある。

此方も暑さや蚊の襲来で「やってらんね」状態だから、つい同胞意識みたいな気持ちを持ってしまい、緊張をなくし、ズカズカと相手の領域に踏み込んでしまう。

ところが、それはダメなんだな。決して受け容れようとしない。

当たり前のことなんだが、近づくまでは容易に出来る。が、しゃがんで目線を合わせようとすると、必ずバイバイされてしまう。

煮て食べようとは思っていないのに、会話もせずに見向きもされないと、費やした労力以上にガバ~と疲れが出てきてしまう。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 三脚使用 新発田市 7月8日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

生まれたてトンボ

クワガタムシ

関連記事

  1. 翡翠

     以前掲載した翡翠の別バージョン。このまま押し入れの中で腐り果てて行く前に…

  2. 太陽のような“ホニャララ”

    実家の庭で咲いていた“ホニャララ”。私はど派手な原色が好きに…

  3. ヒオドシチョウ・何でだろ~

    阿賀町・たきがしら湿原 午前11時頃、撮影を終えて駐車場に戻るとこのありさま…

  4. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

  5. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  6. スコップの背中

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面…

  7. 笹藪の中 ひっそりと咲いたユキノシタ

    「紛れもなくユキノシタ。笹藪のその下で辛うじて息をしていた・・・」見…

  8. 花と影・エンレイソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。