キイトトンボ

この時期、よく目にするトンボ。草むらを進んでいくと湧き出るように舞い上がる。

私が主人なら彼らは露払いみたいな存在で、歩む先々を各々がキレイに掃除しては、左右に退き散っていく。

一般的に目にするトンボと違い、やっとこさ体を浮かせている状態で、失速間近な飛び方だ。どのトンボも長く飛び続けるのは苦手みたいだ。

その証拠に、すぐ葉っぱに掴まりたがる。

「やってらんね」みたいな顔をして此方を睨み付ける仲間もいた。

それでいながら警戒心は意外にある。

此方も暑さや蚊の襲来で「やってらんね」状態だから、つい同胞意識みたいな気持ちを持ってしまい、緊張をなくし、ズカズカと相手の領域に踏み込んでしまう。

ところが、それはダメなんだな。決して受け容れようとしない。

当たり前のことなんだが、近づくまでは容易に出来る。が、しゃがんで目線を合わせようとすると、必ずバイバイされてしまう。

煮て食べようとは思っていないのに、会話もせずに見向きもされないと、費やした労力以上にガバ~と疲れが出てきてしまう。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 三脚使用 新発田市 7月8日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

生まれたてトンボ

クワガタムシ

関連記事

  1. RICOH GRⅢx・冷たいコンテナヤード

    RICOH・GRⅢ「寒い」と言うより「冷たい」と感じたのは露出した首筋に…

  2. 蕗と苔

    ただでさえ湿ったその場所は前夜の雷を伴った激しい雨のせいで、たっぷりと雨水を…

  3. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  4. 朽ちた煙突

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  5. 残像

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  6. 体は白黒、ストローは黄色・ゴマダラチョウ

    昨年夏、エノキやコナラの高い所で飛び交っているのを見ていた。「持っているカ…

  7. 杉林の底は温いのだ・水芭蕉

    RICOH・GRⅢx枝葉が幾重にもなった杉林の底床は僅かに射し込む陽の光…

  8. ひょうもんよもぎ

    阿賀町:たきがしら湿原以前掲載した『ひょうもんあざみ』と同じ固体のミドリヒ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。