ヒメシジミ♂

新しいテレビが我が家にやってきた。

もう37型の大きさなんてないんですね。前のタイプと同じフレームで40型になっていた。外枠ギリギリまで液晶領域が広がって、それで画面が大きくなっている。

クッキリ見えるように感じる。でも左右から見ると色彩が薄れる。

「このアナウンサー顔色青い」

「そーなん、こっちから見ればそんなでもないよ」

そんな感じである。

まあ、オイラにしてみればテレビの性能は価格帯が一緒ならば何処のメーカーも同じようなものと考えている。

それより、前のテレビが壊れて、もっと大切で大事なことに気づいてしまった。

それはテレビが見れなくなって、家族の会話がグ~ンと増えたと言う事。家の中であごを動かす回数が、それまでの2倍、3倍に増えたんだな。

娘が「今日学校で、先生がしょうもない冗談言ったんだよ」と、ニコニコしながら話し出すのを実は内心楽しみにしていた部分もある。

女房が図書館から借りてきた本のあらすじを話し始める。そして、オイラが話し始めようとすると「いいよ、お父さんは聞いてるだけで」。

それでも嬉しいんだな。あの雰囲気が。

それが、テレビがやってきたことで、お互い目と目を合わさなくなった。みんなテレビに視線を注入しながら会話する。

テレビの功罪はこんなところにも表れてしまうんだなぁ~なんて、すこしだけテレビを憎んだりしている自分がいる。

写真について

ヒメシジミ。これも6月18日、阿賀町・たきがしら湿原で撮影している。つい1週間前まではヒメシジミなんて発生していなかった。目にするのはウスバシロチョウとモンシロチョウぐらいかな。あと蛾だったりして。

それがウスバシロチョウとヒメシジミ、それにサカハチチョウと一気に増えていたのにはビックリだ。アサギマダラも見たんだが気のせいかな。いるわけないか。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟・紫の夜明け

ヤマトシジミ

関連記事

  1. 悪い癖

     陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥が…

  2. 干し鮭

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF3ク…

  3. 夏虫色のカメムシ

    こちらを向いてくれるどころか、葉の裏側に回り込もうとする。それでも近づくと翅…

  4. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からない…

  5. 鳥居と大コブシ

    春、花が咲いたら撮ろうかな・・三度ほど下見に来てて、「ヨッシャ~、今…

  6. 水鏡

    時間がピタッと止まって、微かな音さえ聞こえない1羽のカモが水を飲もう…

  7. 意地悪なジャノメチョウ

    こんな意地悪な蝶は見たことない。みんな、根性がねじ曲がっている。私が彼らの…

  8. カタクリ

    午後の柔らかな陽を浴びて、花びらが反り返ったカタクリ。カタクリは芽が出てか…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。