ヒメシジミ♂

新しいテレビが我が家にやってきた。

もう37型の大きさなんてないんですね。前のタイプと同じフレームで40型になっていた。外枠ギリギリまで液晶領域が広がって、それで画面が大きくなっている。

クッキリ見えるように感じる。でも左右から見ると色彩が薄れる。

「このアナウンサー顔色青い」

「そーなん、こっちから見ればそんなでもないよ」

そんな感じである。

まあ、オイラにしてみればテレビの性能は価格帯が一緒ならば何処のメーカーも同じようなものと考えている。

それより、前のテレビが壊れて、もっと大切で大事なことに気づいてしまった。

それはテレビが見れなくなって、家族の会話がグ~ンと増えたと言う事。家の中であごを動かす回数が、それまでの2倍、3倍に増えたんだな。

娘が「今日学校で、先生がしょうもない冗談言ったんだよ」と、ニコニコしながら話し出すのを実は内心楽しみにしていた部分もある。

女房が図書館から借りてきた本のあらすじを話し始める。そして、オイラが話し始めようとすると「いいよ、お父さんは聞いてるだけで」。

それでも嬉しいんだな。あの雰囲気が。

それが、テレビがやってきたことで、お互い目と目を合わさなくなった。みんなテレビに視線を注入しながら会話する。

テレビの功罪はこんなところにも表れてしまうんだなぁ~なんて、すこしだけテレビを憎んだりしている自分がいる。

写真について

ヒメシジミ。これも6月18日、阿賀町・たきがしら湿原で撮影している。つい1週間前まではヒメシジミなんて発生していなかった。目にするのはウスバシロチョウとモンシロチョウぐらいかな。あと蛾だったりして。

それがウスバシロチョウとヒメシジミ、それにサカハチチョウと一気に増えていたのにはビックリだ。アサギマダラも見たんだが気のせいかな。いるわけないか。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟・紫の夜明け

ヤマトシジミ

関連記事

  1. 花園ヨシゴイ

     藪の中を出たり入ったりしているうちに、トンネルが出来たのでしょうか。ちょう…

  2. 気まぐれな黄連雀

    「ヤドリギの実を好む」とどこかの本に書いてあったが、これまでヤドリギにやって…

  3. ミツガシワ

    阿賀町・たきがしら湿原5月21日に撮影している。この時点ではちょうど…

  4. 岸辺のキクザキイチゲ

     春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。もう数十年も…

  5. 炎天下のクロイトトンボ

    このトンボ、交尾中のカップルを追いかけ回し、見えなくなるほど遠くへ行っちまっ…

  6. 羊歯とモノサシトンボ

    羊歯(しだ)の傾く姿に寄り添うように翅を休めるモノサシトンボの&#x…

  7. 角田山のイカリソウ

     角田山、灯台コース上で撮影。GW期間中に家族で登山。このコースは海抜0メー…

  8. バカマの素顔

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s+接写リング …

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。