福寿草

 朝のうち、視界が遮られるほどボサボサ雪が降ったが

昼前には急速に回復し、青空が広がった。

午後になると太陽の陽射しがまぶしいくらいになった。

「もしかして」と出掛けてみると・・・・

福寿草が予想したような感じで咲いていました。

暖まった周囲だけ雪が溶け地面がのぞき、

イメージした春の訪れを覧ているようでちょっと興奮。

 RVP50 105㍉ NikonF5   新潟市 県庁の森にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

特別天然記念物カモシカ

村の鎮守 トラフズク

関連記事

  1. 福寿草・パラボナアンテナ

    体調が回復してきたのか、傍らでビールをあおる女房が気になりだした。…

  2. 飛び込んでこいよ・浜辺の流木

    t-max100 cosina voigtlander ultron 40f…

  3. 浜風が通り抜ける漁師道

    t-max100 cosina voigtlander ultron 40f…

  4. ツワブキ

    Rollei RETRO 400S Ai-Nikkor 35f/2s Nik…

  5. 秋の夕空

    暑い一日(気温34度を記録)が終わろうとしている。蒸し暑さが…

  6. とまって みる

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3今年…

  7. 斜光と影

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  8. スノーダンプ

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3前年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。