特別天然記念物カモシカ

小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。

といっても、私が近づいているのは十分承知しているらしく、時折、顔をあげてはこちらをチラ見。

そのうち鼻がピクピク動き、「それ以上邪魔するな」と言われたようで間を詰めるのをやめた。

こちらは無関心を装い、足元の花でも撮ろうと三脚をセットし、カメラを載せてしゃがみ込んだところで、ゆっくり身体を反転させて緊張気味に見やると、彼は既にこちらを胡散臭そうに眺めていた。

その態度は「なに馬鹿やってんの?」という感じだった。

200㍉ズームでも十分余裕の距離に国の特別天然記念物カモシカが朝飯を食べている。

緊張するのは当たり前だ。

旧ベルビア50 80-200ズーム NikonF5   関川村鷹巣

撮影年不明 合同写真展出品歴あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝露

福寿草

関連記事

  1. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  2. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

  3. 大輪菊

     「おめに菊、無理だでば~」「薄らばがっ!」そんな気ないし、聞いてもいないの…

  4. 村の鎮守 トラフズク

    旧中条町(現:胎内市)、小さな神社境内での撮影です。町内の人達が静かに見守…

  5. 飛び立つ白鳥

     晴れた朝、気温が下がり、霧が出始めた中、朝陽が一面に差し込んできて、鳴き…

  6. キジの横睨み

     以前に掲載したオスのキジと同じ個体だろうか。ほぼ同じ場所で見かけ,ホロ打ち…

  7. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  8. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX JA…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。