特別天然記念物カモシカ

この記事は1分で読めます

 小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。
といっても、私が近づいているのは十分承知しているらしく、
時折、顔をあげてはこちらをチラ見。
そのうち鼻がピクピク動き、「それ以上邪魔するな」と言われたようで
間を詰めるのをやめた。
 こちらは無関心を装い、足元の花でも撮ろうと三脚をセットし、
カメラを載せてしゃがみ込んだところで、ゆっくり身体を反転させて
緊張気味に見やると、彼は既にこちらを胡散臭そうに眺めていた。
その態度は「なに馬鹿やってんの?」という感じだった。
 200㍉ズームでも十分余裕の距離に国の特別天然記念物カモシカが
朝飯を食べている。緊張するのは当たり前だ。
 旧ベルビア50 200ズーム NikonF5   関川村鷹巣
 撮影年不明 合同写真展出品歴あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。