特別天然記念物カモシカ

小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。

といっても、私が近づいているのは十分承知しているらしく、時折、顔をあげてはこちらをチラ見。

そのうち鼻がピクピク動き、「それ以上邪魔するな」と言われたようで間を詰めるのをやめた。

こちらは無関心を装い、足元の花でも撮ろうと三脚をセットし、カメラを載せてしゃがみ込んだところで、ゆっくり身体を反転させて緊張気味に見やると、彼は既にこちらを胡散臭そうに眺めていた。

その態度は「なに馬鹿やってんの?」という感じだった。

200㍉ズームでも十分余裕の距離に国の特別天然記念物カモシカが朝飯を食べている。

緊張するのは当たり前だ。

旧ベルビア50 80-200ズーム NikonF5   関川村鷹巣

撮影年不明 合同写真展出品歴あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝露

福寿草

関連記事

  1. 自転車乗り入れ禁止マーク

    100TMX Ai-Nikkor 35f/2s+Y2 NikonF36月…

  2. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  3. ヤッホーと微笑むスミレと落ちた男

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  5. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX …

  6. 大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

    日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。何処か…

  7. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。