特別天然記念物カモシカ

 小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。
といっても、私が近づいているのは十分承知しているらしく、
時折、顔をあげてはこちらをチラ見。
そのうち鼻がピクピク動き、「それ以上邪魔するな」と言われたようで
間を詰めるのをやめた。
 こちらは無関心を装い、足元の花でも撮ろうと三脚をセットし、
カメラを載せてしゃがみ込んだところで、ゆっくり身体を反転させて
緊張気味に見やると、彼は既にこちらを胡散臭そうに眺めていた。
その態度は「なに馬鹿やってんの?」という感じだった。
 200㍉ズームでも十分余裕の距離に国の特別天然記念物カモシカが
朝飯を食べている。緊張するのは当たり前だ。
 旧ベルビア50 200ズーム NikonF5   関川村鷹巣
 撮影年不明 合同写真展出品歴あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝露

福寿草

関連記事

  1. フキノトウ・旨い!

    フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。こんなに旨いもの…

  2. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  3. アヤメに重ねる笑顔

    母にアヤメの花開いた姿を見せてあげたかったが、駄目だった。風があるし、雨も…

  4. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  5. 不思議な雪玉

     吹雪の中、無性に撮影に行きたくなった。新潟市内を出て国道49号線を暫く走り…

  6. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  7. 脇役になったヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら「それなんですか?」独り男「ヒメシジミですよ」私「も…

  8. 命紡ぐ 朽ち葉かな

    撮影の背景待ちに待った朝陽が伸びて、一気に光輝きだした名も知らぬ下草達。一…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。