千枚通しで突き抜けて

専門的でややっこしい話は別として、この葉っぱ、「よっしゃぁ~」ってな勢いで残雪を突き破って出てきたことぐらいはわかる。

しかも葉っぱを千枚通しかドリルに見立てたことぐらいも容易に察しが付く。雪はあと少しで自然と溶けて無くなるというのに、それまで我慢ならなかったのだろうか。

もっとも、雪がなくとも、土の中から地上に這い出る際は、槍のように鋭くとがった頭でもって「うりゃぁ~」と、やってはいるのだろう。

そんなこと考えると、葉っぱにはいろんな役目があるんだな。

小さな生き物でも、まして足で踏みつぶしてしまいそうなこんな植物でさえ創造主は生き抜く術をちゃんと与えてくれてるのだな。

葉っぱは既に拡がり始めているから、もうちょっと日が早ければ、それこそ千枚通しそっくりな状態だったに違いない。

雪面に寝そべってみた。

そうしながらカメラで舐めるように構図を探していく。最初は雪面すれすれの位置にカメラを構えましたが、手前の茶色い濡れた落ち葉が単なる枝ように見えるので、目線をやや高めて撮っている。

ここは関川村、鷹巣。荒川の川底を穿つ流れの音が空けた空間に響き渡っている。

その一方、山泉が流れ出る谷筋からはパッツン、パッツンと弾けるような鮮烈な歌声が流れてきた。ミソサザイだ。朽ち木の上でのどを震わせ、口をパッカリあけ、林の奥に向けて、盛んに歌っている。

あのさえずりはとにかく美しい。地味そうに見える茶色い体も清楚な感じ。じっとしゃがんでいる私に気づかないのだろうか。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  4月2日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蒼霧

好きなレンズでカタクリを撮る

関連記事

  1. 翡翠(かわせみ)

    過去写真 初掲載 過去は過去でもかなり前。NikonF5が登場したのが199…

  2. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  3. ムカシヤンマとウメノキゴケ

    桜の幹にとまったムカシヤンマ。樹皮に付いた緑色した海藻みたいなものは地衣類…

  4. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  5. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  6. バカマ の うなじ

    RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s Nikon…

  7. 朝の空気

     写真教室で「題名も作品のひとつ」と著名な写真家が言っていた。意味は分かる。…

  8. 黄昏カエル

    こないだ掲載した『カジカガエル』のその後の構図がこうなった。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。