under construction

写真は建設中の バベルの塔・・ではなく、食育・花育センター。

おそらく当時は、足場はもっと高くなっていくのだろうと思っていた。しかし、完成後の姿からして、足場の高さはここまでだったのですね。

2011年撮影分の写真整理中に出てきたもので、マウントに1月とある。私が撮影したのであるが、今では撮影場所が特定できない程に様変わりしてしまった。

「大体この辺かな」までで、現在の変貌ぶりに驚いてしまいます。

天候が安定した午後、夕陽を受けた工事現場は、こちらから側から見ればモノトーンの世界かな。大地も、杭も、フェンスも、足場も、鋼材も、そして空までも、モノクロ色の濃淡で統一構成されていた。

現在の賑わいが俄には信じられないような荒涼とした風景でしたが、その一方では、郷愁を誘うような雰囲気も漂っていたのでしょうか。

RVP100 105㎜ microlens nikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

まんず、咲く

ネコの “爪”

関連記事

  1. 夜明け色・鳥屋野潟

    この夜明けの色をどう表現したら良いのでしょう。小さいながらもインパク…

  2. 鳥屋野潟・ミルメーク

    まるで、コーヒー牛乳みたいな色合いに染まりました。記憶が確かなら、6月6日…

  3. 落ち葉とロングドレス

    2015年11月15日(日)撮影雨脚が弱まって、公園に行って…

  4. 名も知らぬ草

    『身近な自然』をライフワークにして、気の向くままパシャパシャやっているつ…

  5. 銀杏と銀杏

    ややこしや~「イチョウとギンナン」とキーボードを叩いたら『銀杏と銀杏』と表…

  6. 泡沫の“海岸線”

    岸辺近く水面に薄く張り付いた氷。波で水面が揺らいで白く輝いたり、消え…

  7. 湖上の白鳥

    寒波の襲来で15日早朝は鳥屋野潟が凍り付いていました。園内で雪面の陰影を撮…

  8. 水面色づく鳥屋野潟の夜明け

    先月27日の写真になります。「燃えさかる」朝焼けではありませんでしたが、水…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。