under construction

写真は建設中の バベルの塔・・ではなく、食育・花育センター。

おそらく当時は、足場はもっと高くなっていくのだろうと思っていた。しかし、完成後の姿からして、足場の高さはここまでだったのですね。

2011年撮影分の写真整理中に出てきたもので、マウントに1月とある。私が撮影したのであるが、今では撮影場所が特定できない程に様変わりしてしまった。

「大体この辺かな」までで、現在の変貌ぶりに驚いてしまいます。

天候が安定した午後、夕陽を受けた工事現場は、こちらから側から見ればモノトーンの世界かな。大地も、杭も、フェンスも、足場も、鋼材も、そして空までも、モノクロ色の濃淡で統一構成されていた。

現在の賑わいが俄には信じられないような荒涼とした風景でしたが、その一方では、郷愁を誘うような雰囲気も漂っていたのでしょうか。

RVP100 105㎜ microlens nikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

まんず、咲く

ネコの “爪”

関連記事

  1. 赤銅色の朝焼け

     上沼橋へ行く。本日は面白い天気。こちら側は暗くて今にも雨。でも東側は雲が無…

  2. 朝露キラリ・紅しじみ

    小っちゃな露玉を宝石のように散りばめた紅しじみとエノコログサ・・と書いた…

  3. 落ち葉のカタチ

    葉っぱのカタチ・・何に見えるかな?葉っぱの持ち主は?雪面に落ちた…

  4. 秋 サンシュユの実-2

    2015年9月23日(祝)撮影前回掲載した写真が午後のもので、これは朝…

  5. ちょっとだけよ/鳥屋野潟

    20日5時19分の鳥屋野潟(とやのがた)です。何とも言えない…

  6. カツラの若葉

    2015年4月19日(日)撮影 日の出撮影後、そのまま鳥屋野潟公園へ直行です…

  7. ぼ~と雲を眺めてみれば・鳥屋野潟

    先月31日、日の出直前の空模様は良かった。朝焼けじゃなくて雲の表情な…

  8. 「夏越し」の夜明け・鳥屋野潟

    6月30日、1年の半分に当たる夜明けはこんな感じだった。年中行事の一…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。