under construction

写真は建設中の バベルの塔・・ではなく、食育・花育センター。

おそらく当時は、足場はもっと高くなっていくのだろうと思っていた。しかし、完成後の姿からして、足場の高さはここまでだったのですね。

2011年撮影分の写真整理中に出てきたもので、マウントに1月とある。私が撮影したのであるが、今では撮影場所が特定できない程に様変わりしてしまった。

「大体この辺かな」までで、現在の変貌ぶりに驚いてしまいます。

天候が安定した午後、夕陽を受けた工事現場は、こちらから側から見ればモノトーンの世界かな。大地も、杭も、フェンスも、足場も、鋼材も、そして空までも、モノクロ色の濃淡で統一構成されていた。

現在の賑わいが俄には信じられないような荒涼とした風景でしたが、その一方では、郷愁を誘うような雰囲気も漂っていたのでしょうか。

RVP100 105㎜ microlens nikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

まんず、咲く

ネコの “爪”

関連記事

  1. 思い出せない朝焼け

    2015年5月23日(日)撮影・・かも 現像上がりのスリーブを透かして見るま…

  2. 半夏生(はんげしょう)

    2015年7月5日(日)撮影。”半夏生”・・美しい名前です。…

  3. 潟すすき

    2015年9月22日(祝)撮影鳥屋野潟の朝焼けですが今回は秋…

  4. 綿雲から立ち上がった土筆に「お通し」を連想する

    3月24日、未明に雪が降った。雪は積もるも午前中には跡形もな…

  5. 朝焼けとワクチン接種と気になること

    RICOH・GRⅢ(21日撮影)朝焼けこの日以降、撮れば良かったぁ~…

  6. 何じゃこりゃ その名は「オニフスベ」

    明け方まで雨が降る。気温20度、朝晩は涼しくなった。6時頃に雨があがり午後に…

  7. ピロピロとマンサクの花

    午前中は台所で食器洗い、そして部屋の片付け、風呂の掃除。ここ…

  8. たかが鳥屋野潟 されど鳥屋野潟

    6日土曜日、鳥屋野潟の夜明けです。7月に入ってムムッとなる朝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。