鳥屋野潟・Gradation

♬~夜と朝のあいだに ひとりの私~・・・

ピーターの持ち歌だったっけ、それとも美川憲一だったかな・・

誰もいない土手下で鳥屋野潟の夜明けを待っていて、思わず口ずさむ。針が飛んだレコードのように、「ひとりの私」から先に進まない。

また「夜と朝の・・」と、同じフレーズを何度も繰り返している。

鳥屋野潟の夜明けの湖面を撮りたいなと考えてました。

ISO感度100、F5.6で30秒ほどから25秒、20秒、はたまたF8で、60秒から40,30,25,20、いろいろとやってみた。

結果はどうでしょう?・・数カットほど、見えなかった色合いが「ぽわ~と」浮かび上がってくれたようです。

なんと言えばいいんでしょう。向こうから夜明けの光がやって来て、夜の闇を舐めていくみたいなそんな感じに思えてくるのです。

夜と朝のあいだに ひとりの私・・歌詞の深い意味は判らんが、口ずさんでいたあの時がゆらぎになって浮かび上がってくれたかな。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

抜け殻に想う

香り漂うロウバイの花

関連記事

  1. 全滅

    インフルA型に感染し、床に伏しておりました。生産的戦闘能力なんてあってたま…

  2. 寒波一休

    昨日の早朝の福島潟は晴れた。車の外気温が−6℃までは確認したが、明け方は更に…

  3. ぼ~と雲を眺めてみれば・鳥屋野潟

    先月31日、日の出直前の空模様は良かった。朝焼けじゃなくて雲の表情な…

  4. 落ち葉とロングドレス

    2015年11月15日(日)撮影雨脚が弱まって、公園に行って…

  5. ヤマトシジミちゃん

    2015年8月30日(日)撮影ヤマトシジミ。小っちゃい。翅の表は…

  6. 雪の声

    「とうとう逝っちゃたかな」・・そう思われるのが嫌なんであんまり喋った…

  7. 「大したことない」朝焼け

    「なんだ、大したことないんだな」・・周りに聞こえる声に振り向いた。上沼橋の…

  8. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。