鳥屋野潟・Gradation

♬~夜と朝のあいだに ひとりの私~・・・

ピーターの持ち歌だったっけ、それとも美川憲一だったかな・・

誰もいない土手下で鳥屋野潟の夜明けを待っていて、思わず口ずさむ。針が飛んだレコードのように、「ひとりの私」から先に進まない。

また「夜と朝の・・」と、同じフレーズを何度も繰り返している。

鳥屋野潟の夜明けの湖面を撮りたいなと考えてました。

ISO感度100、F5.6で30秒ほどから25秒、20秒、はたまたF8で、60秒から40,30,25,20、いろいろとやってみた。

結果はどうでしょう?・・数カットほど、見えなかった色合いが「ぽわ~と」浮かび上がってくれたようです。

なんと言えばいいんでしょう。向こうから夜明けの光がやって来て、夜の闇を舐めていくみたいなそんな感じに思えてくるのです。

夜と朝のあいだに ひとりの私・・歌詞の深い意味は判らんが、口ずさんでいたあの時がゆらぎになって浮かび上がってくれたかな。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

抜け殻に想う

香り漂うロウバイの花

関連記事

  1. 梅の蕾

    先月27日に撮影した鳥屋野潟の紅梅。ほころびかけた蕾はパンパンに膨らんで今…

  2. 円盤形ギザギザマーク

    2015年7月4日(土)撮影 6月21日撮影し27日に掲載した”謎のX(エッ…

  3. 蝶の時間

     『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書・森川達雄 著)を数年ぶりに読んだ。…

  4. オレンジな朝

    眠りが浅く、当然寝た気がしない。でも、寝れないんだな。布団の…

  5. 燃える 鳥屋野潟

    写真は16日土曜日、出勤前に撮影している。この頃、台風18号は九州上陸を伺…

  6. マルバマンサク咲く

     「まず、最初に咲く」からマンサクとも言われますが、「じゃあ、ロウバイや福寿…

  7. 半夏生(はんげしょう)

    2015年7月5日(日)撮影。”半夏生”・・美しい名前です。…

  8. 香り漂うロウバイの花

    1月8日に撮影したロウバイの花です。休み前に現像が上がってきましたが、13…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。