花になれ

 花になってくれ~、一輪の花、頼むからなってくれ~・・!
オイラの想いが伝わったかどうかは判らんが、想いを馳せたとおりの
ポーズをとってくれたのはタテハ蝶の仲間、キタテハ様。
翅でバランスをとりながら、忙しなく動き回った後に、この状態で
しばらく動きが止まったが、その仕草はなんともモデル風だった。
 仕上がりポジはちょっとオーバー目の乾いた感じになった。
明るい背景を意識しすぎたかなと思っているし、ストレートでもある。
記録写真になってしまったようだ。
 情緒ある写真を撮りたいと常々思っているが、いざ被写体を前にすると
「撮りたい」「ピント」・・ばかりに意識が集中してしまい、
結果は動きの少ない、おとなしい写真を連発している・・みたいだ。
 どうやったら、ふ~っとため息が漏れるような写真がとれるんだろう・・
 RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  11月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霜そして陽の光

枯れ荒野

関連記事

  1. 凍光

    “凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギ…

  2. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

  3. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  4. レトロな朝/福島潟

    あらら・・やってしまったかな・・とちょっとは思ったが、じっくり眺めて…

  5. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

  6. 染まる田んぼ

    撮影の実際3年前の5月上旬に撮影しています。福島潟“竜巻ハウス”駐車場脇の…

  7. ヤマトシジミとマイクロレンズ

     Nikonでは昔から接写用レンズを“マイクロレンズ”と呼ぶ。どうして“マク…

  8. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。