早く撮ってくれよ~

「ちょっと危なくね~か~?」・・イナゴが話しかけてきた

「相当、ヤバイかも知れません」・・俺

「相当・・ってどれくらいなんだよ!」・・気色ばんだ表情のイナゴ

「真っ二つに裂かれるかも知れませんぜ」・・俺

「・・・」沈黙のイナゴ・・固まって動かない

長いカマを持った爺様が下草めがけて、それを左右に振っては、手前に引いたりしながらズンズン近づいていて来るのだった。

腰は年相応に曲がっているが、歩く速度は年齢を感じさせない。

ただ、足元の地面ばかり見つめながら、カマを振り回しているし、歩む先の延長線上にイナゴちゃんがいる、オイラはそのすぐ脇でしゃがんで、雲間から陽が射してくる瞬間を待っている。

イナゴちゃんもオイラも相当、怖い思いをしていたんだな。

結局は太陽が照るのが早くて4カット撮影することができたが、爺さんは相変わらず手を休めることなく近づいてきたのでした。

*背景のボケた緑は大地一面の小松菜みたいな葉っぱだよ。

 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 11月6日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夜明けの岸辺

タカアザミに姫

関連記事

  1. 福島潟の夢

    ~在庫写真から~2014年12月9日撮影RVP100 AI Micro-N…

  2. 枯れ蓮/Rollei Superpan 200

    Rollei Superpan 200 Ai-Nikkor 180f2.8s…

  3. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  4. グリーン・グリーン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  5. 福島潟・水鏡

     放射冷却現象で霧が発生するだろうとの算段で、暗いうちから岸辺に立ち、その時…

  6. たわわな実・ヘクソカズラの実

    杭に絡みついた蔓の主はヘクソカズラですねぇ~。杭は高さが3メ…

  7. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。