ひょうもんよもぎ

阿賀町:たきがしら湿原

以前掲載した『ひょうもんあざみ』と同じ固体のミドリヒョウモン。

この写真はあざみの花で吸蜜したのちに、数㍍離れたヨモギの葉にとまった姿を撮ったもので、しばらく翅を休めていたから、三脚を使用する余裕があった。

ということは、それなりに観察も出来たわけで、名前の由来のヒョウ柄が鮮明に脳裏に焼き付いたのでありました(今まで、まともに見たことない)。

できる限り背景に邪魔な枝などが写り込まない方向を見定めてから近づき、あとはヨモギの葉が画面内に治まることだけを気にして撮影していた。

RVP100 AI Micro-Nikkor f/4s NikonF5   10月17日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

赤玉の嘆き

時候雑記・カメラとか

関連記事

  1. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  2. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  3. 水玉とキイトトンボ

    近づいてしゃがみ込むと、ポワ~と浮かび上がる。宙をゆっくり移動しながら、“着…

  4. 白花カタクリ

    2016年4月上旬撮影 偶然見つけたのが3年前。以来、春が来れば気になる白花…

  5. チョウトンボ

    アヤメなんだか菖蒲なんだかよく分かりませんが、その葉っぱ、いや茎?の根元近く…

  6. 寄り添う土筆

    2016年4月16日撮影 新発田市・滝沢 福島潟で『土筆と朝露』を撮影後、滝…

  7. 冬のエナガ

     立ち枯れした葦原にエナガの群れがやってきた。上空から覆い被さるようにドバ…

  8. 赤玉の嘆き

    阿賀町:たきがしら湿原『赤玉』という腹が痛む時に飲む薬があるが、あれと同じ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。