ひょうもんよもぎ

阿賀町:たきがしら湿原

以前掲載した『ひょうもんあざみ』と同じ固体のミドリヒョウモン。

この写真はあざみの花で吸蜜したのちに、数㍍離れたヨモギの葉にとまった姿を撮ったもので、しばらく翅を休めていたから、三脚を使用する余裕があった。

ということは、それなりに観察も出来たわけで、名前の由来のヒョウ柄が鮮明に脳裏に焼き付いたのでありました(今まで、まともに見たことない)。

できる限り背景に邪魔な枝などが写り込まない方向を見定めてから近づき、あとはヨモギの葉が画面内に治まることだけを気にして撮影していた。

RVP100 AI Micro-Nikkor f/4s NikonF5   10月17日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

赤玉の嘆き

時候雑記・カメラとか

関連記事

  1. 黄連の花

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  胎…

  2. 熱田坂は夢の中

    俺のいた場所は・・あったざか・・あつたざか・・ねったざか・・なんだっけ?…

  3. 鉄の顔

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. 瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように翅を畳…

  5. クワガタムシ

    地面から這い出して幹を登り始めたか、それとも幹を降りていたのか知らな…

  6. やまゆり

     新発田市内ノ倉から旧黒川村へ通じる道路沿い、民家近くの山の林の中でドッカ~…

  7. 階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 切淵で哲学する雨蛙

    kodak t-max100 ai-micro nikkor 105f4 n…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。