キタテハ・秋型バージョン

以前、“フィルム写真の落とし穴”について書いたことがある。デジタルカメラと違って、撮った写真をその場ですぐに確認出来ない。

必然、自分の都合の良いような妄想がだんだん膨らんでいって、いつの間にか頭の中ですり替えられた「虚像」を信じ込んでいる。

ミヤマアカネを狂ったように撮影した2本のスリーブを受け取って、自分のイメージした光り周り、構図通りか確かめようとビューアーに載せたその瞬間に、もう二度と見たくなくなった。

フィルム写真の落とし穴にどっぷりとはまり込んでいた自分に気づき、もう1本のスリーブを確認するまでも無く、押し入れに仕舞い込んだ。

あまりにも情けない。冷静に落ち着いて眠りたいが、眠れない。

狂ったように撮影した・・なんて・・意味が違うな・・と。対象に捕らわれすぎて、周りが全く見えてなかっただけ・・だった。

話は替わって、掲載写真は10月10日、福島潟で撮影したキタテハ。

以前もこの地でキタテハを撮っているが、躯の色合いがなんか違う感じ。

発生時期により「夏型」と「秋型」があるのは聞いてはいたが、これは「秋型」に分類されるのだろうか。私は「秋型」とみているのだが。

手持ち撮影。ブレを少なくしようと解放で撮影している。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5

*赤文字:「ミヤマトンボ」を「ミヤマアカネ」と修正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

燃える鳥屋野潟

露の蝶

関連記事

  1. 秋色 枯草色

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや…

  2. 霧の船着き場

     「船着き場」、「桟橋」・・どちらを選ぼうか迷ったが、大和言葉が使われた「船…

  3. イトトンボ・最後の1枚

     最後の最後で一番良い光が入ってきて、トンボの目玉が浮かび上がった。背中の筋…

  4. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  5. 水草覆う福島潟

    湖面の所々にコウホネの群落が出来上がってきました。その間を埋めるようにヒシ…

  6. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  7. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  8. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

コメント

  1. おはようございます。
    デジタルでもこれは傑作と思ったのが、自宅でがっかりということはよくあります。
    出来上がりを妄想しながら待つことが出来るのがフィルムの良さとも・・・

    さて写真は翅のギザギザから判断するとキタテハの秋型でいいと思いました。
    このまま越冬する個体でしょうか。

    ミヤマトンボではなくミヤマアカネですね。

    • くわたろうさん、いつも助かります。
      ミヤマアカネ・・でしたね。あなたのブログにも・・トンボと書いような。
       デジタルでもガッカリ・・なんて書いてありますが、そうなんですか。
      ちょっと、そのへんのところ、経験無いので分かりませんが・・。
       腹が痛くなるぐらい露出を失敗しました。アンダーです、全てのコマが。
      「良い勉強になった」と言いたいが、立ち直れないぐらい悔しいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。