染まらない朝/なんでだろ?

 台風の影響をもくろみ、朝焼けに期待したが当てが外れた。
太陽が昇るほんの狭い部分だけちょこっと焼けただけで、そしてこうなった。
解せない!どうしても解せない!何故なんだ!どうしてこうなる?
もう、焼けるんじゃネェ?・・ではなく・・焼けるに決まっている!
誰でもそう思っていた。
 一応、朝焼けの写真は撮ったが、こっちの方がよっぽどいい。
リバーサルフィルムの原板をルーペで覗き込んで見ては「なぜ、なぜ」と、
ため息が出て、当時の気圧配置や天気図を確かめてみたりしたけど、判らない。
夜明け前は綺麗な雲が並んでいて、山の端に空間が出来ていた。
 肩すかしも程がある。これほどまでにアテが外れるなんて・・・
悔しいやら、恥ずかしいやら・・だから止められないんだけどね。
 RVP100 AI Nikkor 35 f/2s NikonF5  8月28日撮影
*FBページ版と連携させていない。連携させると、うまく書けない。
 どうしても気取ってしまう。これではいけない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

緑の滑り台

ちょっと待った!カマキリ

関連記事

  1. 夜明け後の小舟

    『夜明けの小舟』に次ぐ『夜明け後の小舟』。わずか数十分経過しただけで…

  2. 9月の太陽

    この写真、福島潟で撮ったのだけど、どの時期か実のところチンプンカンプ…

  3. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

  4. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな、と…

  5. 朝露トンボ

    2015年9月21日(祝日)撮影コフキトンボと言うらしい。シオカラト…

  6. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  7. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  8. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

コメント

    • くわたろう
    • 2016年 9月 04日

    昨日の朝に似ている気がする。

    • 昨日って、3日のことでしょ?くわたろうさんのアップした写真では結構、焼けたように見えますが・・。
      こんな感じだったのですね。今日4日は星空が綺麗だったので3時頃には、ここで寝そべって眺めてました。
      朝焼けは起きませんでした。土手の上には5,6人おりましたが、肩すかしを食らったようです。
      もっとも、雲ほとんど無かったし・・。

    • くわたろう
    • 2016年 9月 04日

    写真は鮮やかですが、実際はたいした朝焼けは有りませんでした。他に人も一人だけ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。