緑の滑り台

 辺りがプワ~と明るくなったのに、草陰で滑り台遊びに興じるヤマトシジミ。
ホントは遊んでいるわけではないが、しゃがみ込んで、目にした角度でそう見えた。
滑り台の下部にはもたつく仲間がいて、スタート台に乗ったものの、なかなか降りられず、
「早く 退けってば~」とつぶやき声が聞こえてきそうな感じに見えた。
 撮影では自家製のレフ板を使用した。車のフロントガラスに掲げるアレ。
ソレをハサミでチョキチョキ切って段ボールに貼り付けたが、意外に効果がある。
 とうのヤマトシジミにとってはその光りは太陽みたいなものなのだろう、
この姿勢から頭を向こう側に回し、翅をこちらに目一杯に拡げ始めました。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  8月28日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

染まらない朝/なんでだろ?

関連記事

  1. 腐敗

    炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満…

  2. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  3. キタテハ・秋型バージョン

    以前、“フィルム写真の落とし穴”について書いたことがある。デジタルカメラと違…

  4. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  5. あかね雲たなびく福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s NikonF…

  6. 染まれ~ もっと染まれ~!

    ふきのとうが顔を出し始める春先の夜明けは、山の端が茜色に染まります。…

  7. 金平糖

    “金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪…

  8. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。