緑の滑り台

 辺りがプワ~と明るくなったのに、草陰で滑り台遊びに興じるヤマトシジミ。
ホントは遊んでいるわけではないが、しゃがみ込んで、目にした角度でそう見えた。
滑り台の下部にはもたつく仲間がいて、スタート台に乗ったものの、なかなか降りられず、
「早く 退けってば~」とつぶやき声が聞こえてきそうな感じに見えた。
 撮影では自家製のレフ板を使用した。車のフロントガラスに掲げるアレ。
ソレをハサミでチョキチョキ切って段ボールに貼り付けたが、意外に効果がある。
 とうのヤマトシジミにとってはその光りは太陽みたいなものなのだろう、
この姿勢から頭を向こう側に回し、翅をこちらに目一杯に拡げ始めました。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  8月28日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

染まらない朝/なんでだろ?

関連記事

  1. 赤の福島潟

    久しぶりの2連休で、撮影のことだけしか頭になかったが、秋の地雨でしょ…

  2. レモンイエロー

     陽が当たり始めて、雨露に濡れた草地が一気に輝きだして、目を開けようにも眩ん…

  3. 意地悪な雲・福島潟

    上層雲のウロコ雲なのか、中層雲のヒツジ雲なのか、どっちでもよいのですが、あと…

  4. 福島潟・影ごおり

    昨夜の28日は新潟駅前のホテルで会社の新年会があった。少々早…

  5. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

  6. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  7. 今季一番の冷え込み、氷紋を撮る

    5時過ぎに福島潟に到着。車から出た瞬間「何、この寒さ!」さっ…

  8. 靄る福島潟・迷惑男と遭遇したの巻

    2016年3月5日(土)撮影 真夜中に目が覚めてしまいました。外に出て空を仰…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。