緑の滑り台

 辺りがプワ~と明るくなったのに、草陰で滑り台遊びに興じるヤマトシジミ。
ホントは遊んでいるわけではないが、しゃがみ込んで、目にした角度でそう見えた。
滑り台の下部にはもたつく仲間がいて、スタート台に乗ったものの、なかなか降りられず、
「早く 退けってば~」とつぶやき声が聞こえてきそうな感じに見えた。
 撮影では自家製のレフ板を使用した。車のフロントガラスに掲げるアレ。
ソレをハサミでチョキチョキ切って段ボールに貼り付けたが、意外に効果がある。
 とうのヤマトシジミにとってはその光りは太陽みたいなものなのだろう、
この姿勢から頭を向こう側に回し、翅をこちらに目一杯に拡げ始めました。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  8月28日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

染まらない朝/なんでだろ?

関連記事

  1. からまる

    朝露の瑞々しさよりもツルの力強さに魅せられた感じがします。「なにがな…

  2. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  3. 憂鬱な朝焼け

    なんてタイミングが悪いんだろう。それまで前兆さえなかった便意が、これまた予…

  4. キタテハ 斬る!

    タカアザミの隠し所でお休み中の蝶は・・キタテハの秋型タイプ。雨風を凌ぎやす…

  5. 白黒写真・一本の木

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN100 …

  6. yellow tower

    以前に一度掲載した事があるが、今回は別ポジを改めてスキャンした。…

  7. 夜が割れていく

     夜が割れていく時間がやってきました。肉眼では捉えられないような星々の流れや…

  8. 才能あり!

    俺だったら何を描いただろうなぁ~ いずれにせよ上手い!12日、福島潟メイン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。