モンシロチョウの交尾

新潟市・福島潟
 オニバスの咲具合はどんなかな・・チンタラチンタラ小径を歩いて行くと
何やら白い物体が目の前に浮かび上がって、ヒラリヒラリ。
「モンシロチョウにしてはちょっとデカいんじゃない?」と注意して観ていると、
池の畔、狭い範囲を細かく舞っている。様子からして“着地場所”を探しているみたい。
しばらく、観察することにしました(オニバスの事はもう忘れている)。
 なだれ落ちるようにポトンと着地したその場所は花の上。
花の名は何だろうな。ハルシオン? ヒメジョオン?
絵になるようなとまり方で、注意して近づくと、それは交尾中の姿。
デカく感じたのはオスとメスが繋がって飛んでいたからなんですね。
落ち着いて、動かなくなったところを、オニバス池を背景にパシャリ。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 2016年7月上旬
*暑い陽射しの中、レンズのハレーションが気になりF値5.6半で撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

充電中のツバメシジミ

福島潟・夏の想い

関連記事

  1. 早く撮ってくれよ~

    「ちょっと危なくね~か~?」・・イナゴが話しかけてきた「相当…

  2. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋…

  3. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  4. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

  5. ダイヤをまとったナンキンハゼ

    新潟では珍しいくらいの快晴になった。東京で暮らしていた頃のような真っ…

  6. ハンノキ いけ〜っ!

    日本列島に台風18号接近。関東では警報が発令されているのに、こちらは…

  7. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、…

  8. ウラナミシジミ

      今朝方に一度Facebookページと連携させて投稿したがどうも変だ。 お…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。