モンシロチョウの交尾

新潟市・福島潟
 オニバスの咲具合はどんなかな・・チンタラチンタラ小径を歩いて行くと
何やら白い物体が目の前に浮かび上がって、ヒラリヒラリ。
「モンシロチョウにしてはちょっとデカいんじゃない?」と注意して観ていると、
池の畔、狭い範囲を細かく舞っている。様子からして“着地場所”を探しているみたい。
しばらく、観察することにしました(オニバスの事はもう忘れている)。
 なだれ落ちるようにポトンと着地したその場所は花の上。
花の名は何だろうな。ハルシオン? ヒメジョオン?
絵になるようなとまり方で、注意して近づくと、それは交尾中の姿。
デカく感じたのはオスとメスが繋がって飛んでいたからなんですね。
落ち着いて、動かなくなったところを、オニバス池を背景にパシャリ。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 2016年7月上旬
*暑い陽射しの中、レンズのハレーションが気になりF値5.6半で撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

充電中のツバメシジミ

福島潟・夏の想い

関連記事

  1. 朝陽沸く

    退院3日目。点滴針を刺していた右肘内側の皮膚が赤く腫れて痛い。触ると熱を帯び…

  2. からまる

    朝露の瑞々しさよりもツルの力強さに魅せられた感じがします。「なにがな…

  3. 朝陽シジミ

    新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影 朝露をたっぷりとま…

  4. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  5. 雪のない福島潟

    昨日12日、日の出前から此処に立ってました。暗闇の向こうから…

  6. 人知れず輝くカキドオシ

    撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。目線を下に落とし…

  7. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

  8. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。