モンシロチョウの交尾

新潟市・福島潟
 オニバスの咲具合はどんなかな・・チンタラチンタラ小径を歩いて行くと
何やら白い物体が目の前に浮かび上がって、ヒラリヒラリ。
「モンシロチョウにしてはちょっとデカいんじゃない?」と注意して観ていると、
池の畔、狭い範囲を細かく舞っている。様子からして“着地場所”を探しているみたい。
しばらく、観察することにしました(オニバスの事はもう忘れている)。
 なだれ落ちるようにポトンと着地したその場所は花の上。
花の名は何だろうな。ハルシオン? ヒメジョオン?
絵になるようなとまり方で、注意して近づくと、それは交尾中の姿。
デカく感じたのはオスとメスが繋がって飛んでいたからなんですね。
落ち着いて、動かなくなったところを、オニバス池を背景にパシャリ。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 2016年7月上旬
*暑い陽射しの中、レンズのハレーションが気になりF値5.6半で撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

充電中のツバメシジミ

福島潟・夏の想い

関連記事

  1. 人知れず輝くカキドオシ

    撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。目線を下に落とし…

  2. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

  3. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  4. Rollei Retro80s・粗目雪と霜葉

    Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3カメラの中…

  5. 蘇る記憶の光り/福島潟

    50歳になった頃から、身近な自然に関心を持つようになった気がする。…

  6. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

  7. 鳥達の声、響き渡る福島潟

    前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。風は…

  8. 犬蓼に紋黄蝶

    イヌタデにとまったモンキチョウ。イヌタデは色褪せ枯れかかって、ピンクの色素が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。