抜け殻はエイリアン

虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ・トンボ・・なんだぁ~・・それ?

初めて耳にする言葉で頭の中がチンプンカンプン。家に戻って調べたら、それはオニヤンマみたいなトンボだった。

ヤゴにしてはバカでかく、しかもエイリアン風であるのに成長した姿は空飛ぶ宝石・・・わからないもんだなぁ~。

しかし、次なる疑問が沸いてきた。

池の畔、何処を覗いても、この抜け殻が目立つほどなのに成長した姿は一体何処へ行ったのだろう? どこに消えた?

 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 

*写真は10日早朝に撮影したものだが、18日早朝にこのトンボ(同じ個体でない)池の縁で産卵を繰り返してました。終了すると、一気に高度を上げて山手の方へほぼ直線風に飛んでいった。

成長した姿が見られたのは今のところ、このときだけ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟

イトトンボ・最後の1枚

関連記事

  1. 早く撮ってくれよ~

    「ちょっと危なくね~か~?」・・イナゴが話しかけてきた「相当…

  2. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋…

  3. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  4. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

  5. ダイヤをまとったナンキンハゼ

    新潟では珍しいくらいの快晴になった。東京で暮らしていた頃のような真っ…

  6. ハンノキ いけ〜っ!

    日本列島に台風18号接近。関東では警報が発令されているのに、こちらは…

  7. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、…

  8. ウラナミシジミ

      今朝方に一度Facebookページと連携させて投稿したがどうも変だ。 お…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。