アマガエル・濡れたエメラルドグリーンは清涼感ありますな


カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。

雨がしとしと降り注いでいてバックからカメラを取り出すのをためらっていたが、アマガエルの美しい緑色が何とも言えず奇麗で、カメラが雨で濡れるのを承知で撮影した。

雨蛙そのものではなく光沢ある緑色に感動したのであったが、折角だから姿、形もかっこよく撮ることにした・・・・・・ところが、全くもってうまくいきません。

三脚を設置する足場がヤワでグラつき安定しない。勢い腕で三脚を押さえつけてはみたものの、今度は決めたはずのが画角がズレてくる。

仕方なく、そっとシャッターを切っているが、ブレてるね。

明るくなったものの、ISO感度100のフィルムでF4の解放1/60秒。

雨蛙は絶えず喉の辺りを小刻みに振るわせているけど、これはカメラブレだわな。

・・・そして数日後、現像が上がってきました・・・・

7枚撮影して、ほとんどがブレそのものよりもなんか前ピンな感じだ。

メンタマにピントを合わせようと集中した割にはハマリがない。

てなことで、掲載を見送ろうとしたが、時期も時期だし、緑色はきれいに発色しているし、そしてあんまり見る人いない・・・・FB版ブログとの連携だけ避けて、載っけてみた。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  たぶん7月9日午後

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

ツバメシジミのお宿は朝露のなか・Ai-Micro Nikkor105f4s

鳥屋野潟・2016年7月12日の朝焼け・35㍉レンズで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む