姫は眠ったまま


阿賀町・たきがしら湿原 6月19日(日)撮影

たきがしらはいつまでも山影を引きずったまま。

奥深い山あいに在りながら、四方をさらなる山々に囲まれているせいで、見晴らしの効く峠にでも登らない限り、朝焼けは望めません。

仰ぎ見る空にはその名残雲も消えようとしている一方で、すり鉢の底とも思えるこの地では微かな霧が沸き出してくるのです。

草木に潤いを与えながら、大地を舐めるように漂っています。

ヒメシジミ。

何やら物憂げな姿でじっとしていました。

ハルシオンの葉の上で、夜露を凌いでいたのでしょうか。

眠りの中、陽の光が満ちてくるその時を待っているかのよう。

・・・と、見えるのだけど・・・なんだか・・・

「そろそろ目を覚まさないと、落ちるんじゃない?」とも。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなも輝く一本道

交尾中のヒメシジミ

関連記事

  1. 女のたこ

    adox chs100ⅱ cosina voigtlander ultron…

  2. やまゆり

     新発田市内ノ倉から旧黒川村へ通じる道路沿い、民家近くの山の林の中でドッカ~…

  3. みんな帰っちゃったな・・

     仲間の白鳥たちはみんな北へ帰っていった。賑やかだった湖面はすっかり静まり返…

  4. ジャノメチョウ♂

    寝苦しい夜でもないのに、嫌な夢を見続けていたようです。ちょうど北朝鮮がIC…

  5. 「母の日」の母

    Kodak T-MAX400 cosina voigtlander ultr…

  6. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  7. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  8. セアカツノカメムシ

    カメムシは農作物を食い荒らす害虫として断トツ的存在であるのだけど、そうで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。