姫は眠ったまま


阿賀町・たきがしら湿原 6月19日(日)撮影

たきがしらはいつまでも山影を引きずったまま。

奥深い山あいに在りながら、四方をさらなる山々に囲まれているせいで、見晴らしの効く峠にでも登らない限り、朝焼けは望めません。

仰ぎ見る空にはその名残雲も消えようとしている一方で、すり鉢の底とも思えるこの地では微かな霧が沸き出してくるのです。

草木に潤いを与えながら、大地を舐めるように漂っています。

ヒメシジミ。

何やら物憂げな姿でじっとしていました。

ハルシオンの葉の上で、夜露を凌いでいたのでしょうか。

眠りの中、陽の光が満ちてくるその時を待っているかのよう。

・・・と、見えるのだけど・・・なんだか・・・

「そろそろ目を覚まさないと、落ちるんじゃない?」とも。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなも輝く一本道

交尾中のヒメシジミ

関連記事

  1. 赤い滴・サルトリイバラ

    サルトリイバラの赤い実。11月上旬、新発田市・五十公野(いじみの)の林の中…

  2. 大輪寺・“路傍すみれ”

    いつ見ても不思議と思うのです。人や自転車が行き来する砂利道を寝床にしなくて…

  3. カマキリのポートレート

    身を隠す場所なら幾らでもあるというのに、ママコノシリヌグイ?の花の下、風に揺…

  4. 岸辺のキクザキイチゲ

     春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。もう数十年も…

  5. 白花カタクリ

     白花カタクリ   カタクリを撮影していてファインダーから目を離し立ち上がっ…

  6. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  7. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  8. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。