姫は眠ったまま


阿賀町・たきがしら湿原 6月19日(日)撮影

たきがしらはいつまでも山影を引きずったまま。

奥深い山あいに在りながら、四方をさらなる山々に囲まれているせいで、見晴らしの効く峠にでも登らない限り、朝焼けは望めません。

仰ぎ見る空にはその名残雲も消えようとしている一方で、すり鉢の底とも思えるこの地では微かな霧が沸き出してくるのです。

草木に潤いを与えながら、大地を舐めるように漂っています。

ヒメシジミ。

何やら物憂げな姿でじっとしていました。

ハルシオンの葉の上で、夜露を凌いでいたのでしょうか。

眠りの中、陽の光が満ちてくるその時を待っているかのよう。

・・・と、見えるのだけど・・・なんだか・・・

「そろそろ目を覚まさないと、落ちるんじゃない?」とも。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなも輝く一本道

交尾中のヒメシジミ

関連記事

  1. 桜の花

    本日21日は会社で健康診断。平日は業務の都合で人が集まらない。休日なら休み…

  2. アジアイトトンボの若娘

    今朝は今季最高の朝焼けが観られた。5段階評価の“通信簿”に喩えるならば“4…

  3. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  4. 落ち葉布団

    みなさんは“アンガーマネジメント”という言葉をご存じだろうか。…

  5. オーレンはオウレンで黄連だった

    オーレンと検索しても、どうりで「春の草花」にヒットしないわけだ。「こ…

  6. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  7. 干し鮭

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF3ク…

  8. かたくりの花

    今年初めてのカタクリ。ほぼ順光での撮影です。背景は小川の落ち込み口でカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。