姫は眠ったまま


阿賀町・たきがしら湿原 6月19日(日)撮影

たきがしらはいつまでも山影を引きずったまま。

奥深い山あいに在りながら、四方をさらなる山々に囲まれているせいで、見晴らしの効く峠にでも登らない限り、朝焼けは望めません。

仰ぎ見る空にはその名残雲も消えようとしている一方で、すり鉢の底とも思えるこの地では微かな霧が沸き出してくるのです。

草木に潤いを与えながら、大地を舐めるように漂っています。

ヒメシジミ。

何やら物憂げな姿でじっとしていました。

ハルシオンの葉の上で、夜露を凌いでいたのでしょうか。

眠りの中、陽の光が満ちてくるその時を待っているかのよう。

・・・と、見えるのだけど・・・なんだか・・・

「そろそろ目を覚まさないと、落ちるんじゃない?」とも。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなも輝く一本道

交尾中のヒメシジミ

関連記事

  1. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  2. ルリタテハ / 翅裏は・・?

    タテハ蝶の仲間、ルリタテハ。表の翅は濃紺の下地に瑠璃色のラインが鮮烈なま…

  3. ネコヤナギにコガラ

     コガラです。3月上旬に”ネコヤナギにシジュウカラ”の写真を掲載したが同じ…

  4. 姫猩猩

    葉を広げた直径で約100㎜、花の大きさは10㎜あるかないかだろう。昨…

  5. カブトムシ屍

    これも現実なのですね。サンダル履きで出掛けられる公園内でもこ…

  6. 元旦の朝・胎内市

    RICOH・GRⅢこの写真も元旦の朝に撮影してる。昨年末に『残像』と…

  7. 誕生だね オオヤマトンボ

    彼は私という人間に見つかって、さぞ胡散臭かっただろう。「これ…

  8. たぶん『山際 藤子』のポートレート

    山藤(野藤)にしては花房が長いみたいな。でも此所は山の際。花…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。