夏虫色のカメムシ

こちらを向いてくれるどころか、葉の裏側に回り込もうとする。それでも近づくと翅を拡げ、1㍍ほど飛んで他の葉っぱの上に乗っかっていく。

あまりの美しさに追わないわけにいかなくなった。

そこで、さらに近づくと、あからさまに真下にポトンと落下した。葛かな、マメ科の植物やらイタドリやら、とにかく葉の密生する中へ落ちてしまい見失ってしまった。

それにしてもあの落ち方はどうなんだろう。

危険を察知した防御本能だろうか。

「単なる物体です」と言わんばかりの落ち方、気になるなぁ~。

鮮烈な光沢ある緑色も目に焼き付いてしまい、再度その場所にやって来て、もう一度しらみつぶしに探したら・・いました・・いました。

谷あいに向いて今にも飛び立とうとしています

「獲らないなら、撮ってもいいよ」(背中がそう言っている)。

そういうわけで、今度は近づかず離れすぎず、脅かさないようにパシャッ。

*カメムシの種類はなんだろな。ツノアオカメムシ?アオクチブトカメムシ?

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  2016年6月18日撮影

阿賀町・たきがした湿原手前のゲート周辺(18日夕刻より規制は一旦解除中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟・日の出

藍色・ヒメシジミ

関連記事

  1. 朝露トンボ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  4. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  5. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  6. 額紫陽花

     額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。小さな…

  7. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。