夏虫色のカメムシ

こちらを向いてくれるどころか、葉の裏側に回り込もうとする。それでも近づくと翅を拡げ、1㍍ほど飛んで他の葉っぱの上に乗っかっていく。

あまりの美しさに追わないわけにいかなくなった。

そこで、さらに近づくと、あからさまに真下にポトンと落下した。葛かな、マメ科の植物やらイタドリやら、とにかく葉の密生する中へ落ちてしまい見失ってしまった。

それにしてもあの落ち方はどうなんだろう。

危険を察知した防御本能だろうか。

「単なる物体です」と言わんばかりの落ち方、気になるなぁ~。

鮮烈な光沢ある緑色も目に焼き付いてしまい、再度その場所にやって来て、もう一度しらみつぶしに探したら・・いました・・いました。

谷あいに向いて今にも飛び立とうとしています

「獲らないなら、撮ってもいいよ」(背中がそう言っている)。

そういうわけで、今度は近づかず離れすぎず、脅かさないようにパシャッ。

*カメムシの種類はなんだろな。ツノアオカメムシ?アオクチブトカメムシ?

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  2016年6月18日撮影

阿賀町・たきがした湿原手前のゲート周辺(18日夕刻より規制は一旦解除中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟・日の出

藍色・ヒメシジミ

関連記事

  1. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  2. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  3. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  4. 気まぐれな黄連雀

    「ヤドリギの実を好む」とどこかの本に書いてあったが、これまでヤドリギにやって…

  5. キジの横睨み

     以前に掲載したオスのキジと同じ個体だろうか。ほぼ同じ場所で見かけ,ホロ打ち…

  6. スコップの背中

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面…

  7. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からない…

  8. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。