夏虫色のカメムシ

こちらを向いてくれるどころか、葉の裏側に回り込もうとする。それでも近づくと翅を拡げ、1㍍ほど飛んで他の葉っぱの上に乗っかっていく。

あまりの美しさに追わないわけにいかなくなった。

そこで、さらに近づくと、あからさまに真下にポトンと落下した。葛かな、マメ科の植物やらイタドリやら、とにかく葉の密生する中へ落ちてしまい見失ってしまった。

それにしてもあの落ち方はどうなんだろう。

危険を察知した防御本能だろうか。

「単なる物体です」と言わんばかりの落ち方、気になるなぁ~。

鮮烈な光沢ある緑色も目に焼き付いてしまい、再度その場所にやって来て、もう一度しらみつぶしに探したら・・いました・・いました。

谷あいに向いて今にも飛び立とうとしています

「獲らないなら、撮ってもいいよ」(背中がそう言っている)。

そういうわけで、今度は近づかず離れすぎず、脅かさないようにパシャッ。

*カメムシの種類はなんだろな。ツノアオカメムシ?アオクチブトカメムシ?

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  2016年6月18日撮影

阿賀町・たきがした湿原手前のゲート周辺(18日夕刻より規制は一旦解除中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟・日の出

藍色・ヒメシジミ

関連記事

  1. Catch・カワセミ

     梅雨入り前の今頃か、知り合い数人と撮影したカワセミ。狙う相手はカワセミで、…

  2. 小さなスターマイン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  3. 八重のドクダミ

    RICOH・GRⅢ写真は6月6日、実家前の大輪寺境内で撮影してる。本…

  4. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  5. 蕾の中のチビバッタ

    膨らみかけた蕾の中にチビバッタを見つけた。フキバッタ・・と呼ぶらしい…

  6. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  7. 今年も咲いてくれた・羽黒の妖精

    おそらくは人が植えたのだろうけど、少なくとも昨年確認したその場所で今…

  8. モゾモゾ

    蝉の幼虫。僕の生まれ育った新潟県下越旧中条町では、蝉の幼虫をモゾモゾ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。