夏虫色のカメムシ

こちらを向いてくれるどころか、葉の裏側に回り込もうとする。それでも近づくと翅を拡げ、1㍍ほど飛んで他の葉っぱの上に乗っかっていく。

あまりの美しさに追わないわけにいかなくなった。

そこで、さらに近づくと、あからさまに真下にポトンと落下した。葛かな、マメ科の植物やらイタドリやら、とにかく葉の密生する中へ落ちてしまい見失ってしまった。

それにしてもあの落ち方はどうなんだろう。

危険を察知した防御本能だろうか。

「単なる物体です」と言わんばかりの落ち方、気になるなぁ~。

鮮烈な光沢ある緑色も目に焼き付いてしまい、再度その場所にやって来て、もう一度しらみつぶしに探したら・・いました・・いました。

谷あいに向いて今にも飛び立とうとしています

「獲らないなら、撮ってもいいよ」(背中がそう言っている)。

そういうわけで、今度は近づかず離れすぎず、脅かさないようにパシャッ。

*カメムシの種類はなんだろな。ツノアオカメムシ?アオクチブトカメムシ?

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  2016年6月18日撮影

阿賀町・たきがした湿原手前のゲート周辺(18日夕刻より規制は一旦解除中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟・日の出

藍色・ヒメシジミ

関連記事

  1. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  2. 水玉とキイトトンボ

    近づいてしゃがみ込むと、ポワ~と浮かび上がる。宙をゆっくり移動しながら、“着…

  3. 水面に弾ける春花火

    24日は未明に雨が雪に変わり、明けて辺り一面銀世界となった。けれども天気は急…

  4. 命尽きる トンボ

    オオヤマトンボでしょうか。どうなんでしょう?ハッチョウトンボ&#x2642…

  5. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  6. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたの…

  7. ハクセキレイ

     色合いが似ている奴にセグロセキレイがいる。どちらも白と黒だから遠く離れてい…

  8. みんな帰っちゃったな・・

     仲間の白鳥たちはみんな北へ帰っていった。賑やかだった湖面はすっかり静まり返…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。